Latest Entries

夕焼けは

sunset_17_5_18_2.jpg






夕焼けは







sunset_17_6_17.jpg






光のつぶつぶが、ひとつひとつ色を放って隠れて行くこと






sunset_17_6_23.jpg





それを見届けたら、
こころの器に、何かふわっとしたものが流れ込んでくるのがわかります。








スポンサーサイト

TAMBO2017

tambo_17_6_15_1.jpg

田んぼに水を入れているところです。

もとより雑な仕事ぶりのとうちゃんの田んぼは、
でこぼこだらけで足はとられるし、草だらけだし、まだらに苗が植わっているし
何より、水を満タンに入れてもすぐに引いて土が露出します。

なので、毎日私が水を入れに行くのが日課となっています。

水口を開けると、水が勢いよく入ります。
その瞬間が好きで、面倒な日課ですが嫌いではありません。





tambo_17_6_15_2.jpg

減反の田んぼで、採り残しの紫人参に花が咲きました。

草の中には、色々な野菜が育っています(^^;;
ぐうたら農法を地で行ってますよ。
だけど、採れる野菜の味は、濃くて美味しいです(^^)



三条通

sanzyo_17_6_15_6.jpg

1階はとてもオシャレなお店でした。

sanzyo_17_6_15_7.jpg

sanzyo_17_6_15_8.jpg

1928ビル。
ギャラリーに寄る時間が無くて、残念でした。

sanzyo_17_6_15_9.jpg

甲殻類アレルギーの私には、縁の無いところ(^^;;

sanzyo_17_6_15_10.jpg

すき焼きの三嶋亭。
ここも縁が無いです。
ものすごく美味しいんやろねぇ(^^)

sanzyo_17_6_15_11.jpg

寺町通を逆さに写してました。


sanzyo_17_6_15_12.jpg

三条河原町にある、アクセサリーのお店です。
ピアスもヘアアクセサリーもつけられないから、横目でパス。

ここを北にあがってバスに乗って帰りました。
往復バス時間を合わせても3時間程度の街歩き、楽しかったですよ。
もちろん、友人の写真展は心に残り、ほんま行って良かったです(^^)


三条通

bunkahakubutukan_17_6_15_1.jpg

京都文化博物館へ、友人の写真展を見て来ました。
滋賀県の湖北にある余呉湖を、心象風景作品に仕上げていました。
とっても良かったです。


bunkahakubutukan_17_6_15_2.jpg

さて、ここからノーファインダーで三条通を河原町通りまで歩きます。
音が小さいGRで撮りました。



sanzyo_17_6_15_1.jpg

いつからこんな歩道あったけなぁ。

sanzyo_17_6_15_2.jpg

手描き看板と若いお母さんの傘が面白かったのですが…。

sanzyo_17_6_15_3.jpg

私には縁の無いお店。

sanzyo_17_6_15_4.jpg

私には縁の無いお店が続きます。

sanzyo_17_6_15_5.jpg

sacuraビル。
見ているだけでイメージがわくオシャレな手芸店があったのだけど、
移転されてました、残念。



明日も続けます。

庭の千草 2017.6

various_flowers_17_6_13_2.jpg

庭と畑に咲く色々な花を入れてみました。



various_flowers_17_6_13_1.jpg

忙しい中、こういう遊びの時間は絶対に作る、そういう日々を過ごしています(^^)v



朝の紫陽花

azisai_17_6_14_1.jpg

快晴の紫陽花

azisai_17_6_13_1.jpg

雲のある日の紫陽花

azisai_17_6_14_2.jpg



azisai_17_6_13_2.jpg



azisai_17_6_13_4.jpg



azisai_17_6_13_3.jpg

グラデーションになってます。


azisai_17_6_13_5.jpg

全部、同じ株です。

何故、こんな風に色が様々なのか、
以前、この傍にある蛇口で、息子が釉薬の入った道具をを洗って
それを株元に流していたからだと思います。

それしか考えられん…

京都 途中越えの卯木と忍冬

utsugi_17_6_13_3.jpg

国道367号
京都市と大津市の境界にある途中越え(とちゅうごえ)に咲く、卯木の花です。



utsugi_17_6_13_2.jpg

今時分は、そこかしこに白い花がどっさりと咲いていますね。
花が重たいせいか、風が吹くとユッサユッサと枝が揺れました。



utsugi_17_6_13_1.jpg

もう長年通う京都への道。
道すがら、四季折々の花を愛でながら、様々な思いが募ります。




suigazura_17_6_13.jpg

卯木の枝の影に、忍冬が咲いていました。
密やかに、爽やかで甘い香りが漂っていましたよ。

英語の授業で、(題名も忘れましたが)小説を訳すのがあってとても苦痛だったのですが、
静かな夜の森に咲く、忍冬の花の香りを描写した光景だけを、なぜか鮮烈に覚えています。

それぞれの花には、それぞれの物語があるんですね。



フィーバーフューとカツオブシムシ

feverfew_17_6_8.jpg

ヒメマルカツオブシムシです。
マーガレットにたくさん群がっているのをみかけますが、
フィーバーフューにもついていました。

この虫、衣類につく虫だったんですね。
洗濯物と一緒に取り込んでしまうらしいです。
入ってこないように気をつけなくては。



feverfew_17_6_8_2.jpg


このお花は、小さくて愛らしいし、
持ちがいいので、とても気に入りました。
他のお花との相性もいいですよ。

ハーブとしてまだ使っていないから、一度使ってみますね。
「天然の抗ヒスタミン剤」といって、アレルギーにも効くそうで。


アブラムシ除けにもいいらしいです。
だけど、カツオブシムシには効かないんやね…(^^;;



山紫陽花

yamaazisai_17_6_8_1.jpg

極小の紫陽花、山紫陽花の花です。
何年か前に、大原の里の駅で購入した枝物を挿し木して育てました。



yamaazisai_17_6_8_2.jpg

その頃はまだ、実家で母を介護している時で、
しょっちゅう、母をドライブで大原まで連れ出してきては、
里の駅で買い物をしたものです。
勿論、母のお財布での買い物でしたが(^^;;



yamaazisai_onion_vase_17_6_1.jpg

私の長男作の一輪挿しに挿しました。


縁があったのか、今では大原の施設に住む母を訪ねては、
こんな写真をiPadで見せて、楽しんでもらっています。




紫陽花

azisai_17_6_9_1.jpg

この紫陽花は、鎌倉の明月院ブルーと同じ、美しいブルーだったのですが、
ここ数年で、赤みがかってきました。



azisai_17_6_9_2.jpg

同じ株なのに、色様々で、これはこれで楽しいです。



azisai_17_6_9_3.jpg


今日も、朝から農作業、ズッキーニや山椒の収穫してます(^^)




Appendix

プロフィール

nion

Author:nion
「水は宇宙の似姿」
草花の雫からびわ湖まで
「水」について感じた事を写します。
フィールドは主にびわ湖の湖西
最近は殆ど家の庭で撮っています。
たまにアート・デザインについても語ります。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR