FC2ブログ

Latest Entries

フィーバーフュー

2019_6_25_6.jpg

久々に畑に行ったら、草が背高くぼうぼうで、びっくりです。
夕方近くまで待って、草刈り機と鎌で作業しました。
雨が降らないせいか、草の本数は少ないので、作業は楽でした。

フィーバーフューも、こんもりと繁っています。


2019_6_25_7.jpg

1時間半ほど作業した後、鎌をカメラに代えました。



2019_6_25_8.jpg

フューバーフューは、夏白菊、マトリカリアとも言って、葉が甘い香りがします。



2019_6_25_5.jpg

甘い香りを楽しみながら、こんな風に生けてみました。



ポケットにiPhoneを入れて作業をしていたのですが、
私のiPhoneは、こういう時よく誤作動を起こすので、
いつの間にか友人に電話を掛けてしまっていました。

友人は電話に出てくれたのに、私の方は無言電話だったから、
私の身に何かあったのかなと、心配のメッセージをすぐに送ってくれました。

こういうメッセージはうれしいです。
手についたフィーバーフューの甘い香りが、友人のような気がしました。

なんだかうれしくて、その後の夕餉のこしらえが楽しかったですよ。



スポンサーサイト

桜餅みたいな紫陽花

2019_6_18_2.jpg

西日を受けた紫陽花が美しいです。
花の中にレンズを入れてみました。


2019_6_18_3.jpg

桜餅みたい!



2019_6_18_4.jpg





2019_6_18_6.jpg





2019_6_18_7.jpg

去年、購入した切り花から挿し木した紫陽花が咲きました!
25センチ程のまん丸大輪です。

こんな花あったかなぁと全く思い出せません。
他にも、「アナベル」や「墨田の花火」なども挿し木したのですが…。
思い出せない花が一番大輪に咲いたのが、ちょっと得した気分です。



姫紫陽花 2

2019_6_15_2.jpg

毎日することが多過ぎて、



2019_6_15_1.jpg

なかなかカメラを持つことができません。



2019_6_15_10.jpg

たまに撮っても、ほらこの通り、
ピントがあっていないし、ぶれまくり。



2019_6_15_8.jpg

それでも、少しの間を見つけて写真を撮りたいと思える姫紫陽花。



2019_6_15_12.jpg

まだまだ色変化していくのが楽しみです。



himeazisai_2019_ohanachan.jpg

最後の一枚は、iPhoneで撮ったもの。



最近では品種がものすごく多くて、
色も形も様々で見とれてしまいますが、
やはり私はこの素朴な姫紫陽花が一番好きです。



姫紫陽花 1

2019_6_15_3.jpg

毎年、飽きずに同じ姫紫陽花の写真を撮ります。
去年、剪定しなかったので、背が高くなり過ぎました。



2019_6_15_11.jpg

同じ株なのに、ピンクから青紫、青と色様々です。



2019_6_15_6.jpg

私がこの家に来た時は、青だけの花だったのですが。



2019_6_15_4.jpg

陶芸家の息子が、
「おれが釉薬の水をほかしたからかなぁ」
と不思議がります。
実際はどうなのかわかりませんが。


2019_6_15_5.jpg

亡きじいちゃんのガラクタをまだ処分できていないひどい庭ですが、
(去年の台風の後始末もできていない…。)
姫紫陽花が咲くと、花に視線がいくのでありがたいです。



大したものはありませんが、次回につづく…



野菜の花

2019_6_5_2.jpg

春菊の花
ディルの花
夏白菊


2019_6_5_3.jpg

人参の花





白いスィトピーとツルマンネングサを加えて、飾ってみました。







私が野菜を作っている小さな畑は、ゆるーい畑です。
草はたくさん生えているし、
野菜と花がごちゃごちゃだし、
こぼれ種で増えるのも大歓迎だし、
だからか、通りがけに空き缶とかをポイ捨てされることが多いです。

花壇らしくないそこらへんの草っぱらみたいにみえるせいか、
踏んづけられることも。
散歩のワンコにおしっこさせている人もいるし。

私が悦に入っているナチュラルガーデニングは、
ナチュラルが過ぎるっていうことなんでしょうかね?



紫陽花の季節のはじまり

2019_5_30_11.jpg

大好きな紫陽花の季節が始まりました。
昨年、購入した枝ものから挿し木した紫陽花が、色づいてきました。

数種類、挿し木したのですが、印をつけなかったので
どの種類だか、花が色づかなければわからないです。

咲いてみてのお楽しみです。



2019_5_30_12.jpg

山紫陽花の七段花は、ひっそりと真っ先に色づいていました。
とても小さな紫陽花ですが、私が撮ると巨大(^^;;

ブルーの小さな星形が涼やかです。



2019_5_30_10.jpg

ドリフトローズが、花盛りです。
この花の中心の色が好きです。



2019_5_30_9.jpg

ローズゼラニウムの花です。
知人からひと枝もらって挿し木しました。


2019_5_30_8.jpg

葉っぱはとても良い香りがします。
ハーブティーにします。


2019_5_30_6.jpg

たくさん咲いてくれたパンジーは、もう終りです。
二株だけ残して、種をとるつもりです。




遊びの後で 庭の花を見ると

2019_5_30_5.jpg
(野薊)

今日は、二十数年来おつきあいのある地元の友人達との食事会に行って来ました。
年に二回程会って、しゃべり尽す会と言ってもいい(^^)



(野薊)

境遇は皆似ていて、介護老人(程度の差はあるが)の世話をしている長男の嫁。



2019_5_30_3.jpg
(白詰草)

グループを作り始めた頃は、子供の話題が多かったのに、
最近は、「そこのおじいさん、どう?」
「〇〇ちゃんとこのおばあちゃんはどうしたはる?」ばかりです。


2019_5_30_15.jpg
(ユキノシタ)

ぐちを言う場としての意味合いが大きいのですが、
知っている情報の交換も多いです。



2019_5_30_7.jpg
(こぼれ種のカモミール)

美味しい近江牛(久し振りに筋のない肉を食べた!)を頂いた後は、
琵琶湖大橋畔の店で甘いものを食べました。


2019_5_30_2.jpg
(こぼれ種のイベリス。壁とアスファルトの境目で咲いてます。)

美味しいものを食べておしゃべりして、家に帰ったら頑張ろう!と思いたいところですが、
帰ったらちょっと気が抜けて、エンジンがかかりませんでした。



2019_5_30_1.jpg

なので、こうして花の写真を撮って、仕事までの猶予時間を作ってみたのでした。
そんな気持ちで撮った写真って、どう?ですかね?



私の花畑で 2

2019_5_21_2.jpg

ディルの株の中で咲いている矢車草。




2019_5_21_10.jpg

ミックスの種から育てたのは数年前で、
以来、こぼれ種で育っています。



2019_5_21_7.jpg

この花色は残りましたが、消えてしまった花色もあります。



2019_5_21_5.jpg

結局、一番多いのは青色系。
これが矢車菊の基本色なのかな。

不思議なのは、種の袋には入っていなかった白とワイン色の株も育っていること。
どこからやって来たのでしょうか。

反対に考えると
うちの矢車草も旅に出かけていることもあるのでしょう。
居候してそこのお花になっていたら面白いです。


私の花畑で 1

2019_5_21_1.jpg

私の花壇が、自分でもびっくりする程花盛りです。



2019_5_21_11.jpg

今日はスイトピーばかりを見て下さい。



2019_5_21_9.jpg

薄い西日を透過していました。



2019_5_21_8.jpg

昨日の激しい雨でもしっかりと咲いています。



2019_5_21_6.jpg

ミニバラも忘れずに毎年咲いてくれます。



2019_5_21_4.jpg

勝手生えのディルとボリジと桜マンテマが密生していて、
足を入れることができません。



2019_5_21_3.jpg

イタリア料理に使われるストリロードも大きく成長し、
スイトピーの中で咲いています。
ストリロードは、葉をオムレツに入れます。
これもマンテマの仲間です。



下校中

3B4458F4-A9E4-4EA9-8BD0-0C260CCD0BF0.jpg

真野川に泳ぐ鯉のぼり。
その下を下校中の小学生が通りました。

アオサギも入りました(^^)

iPhone撮影です。
いつシャッターチャンスがあるかわからないのに
一眼レフを持って行かなかったのは大失敗でした。




IMG_0184.jpg

鯉のぼりがふわりと泳ぐのに丁度いい、やさしい風が吹いていました。



Appendix

プロフィール

nion

Author:nion
「水は宇宙の似姿」
草花の雫からびわ湖まで
「水」について感じた事を写します。
フィールドは主にびわ湖の湖西
最近は殆ど家の庭で撮っています。
たまにアート・デザインについても語ります。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR