FC2ブログ

Latest Entries

ナデシコのおひげ

nadeshiko_18_12_5_4.jpg

冬に入って、色濃く咲いた河原撫子です。
しべがユーモラスなので写真を撮りました。


nadeshiko_18_12_5_3.jpg





nadeshiko_18_12_5_2.jpg





nadeshiko_18_12_5_1.jpg

繁殖力はそんなに強くないけど、我が庭で何十年も咲き続けています。
コンクリの割れ目に生えていたりするので、可憐でか細い姿に似ず逞しい花です(^^)


スポンサーサイト

わたしの畑で

畑で野菜を撮ってきました。
写真、沢山あります。
20181129223204435.jpeg

夏に採った後の株から出てきた脇芽が、また膨らんできたフローレンスフェンネルです。


fennel_18_11_29_2.jpg

こちらの株には3個が膨らんでいます。


minotomato_18_11_29_1.jpg

夏の終わりに植えたミニトマト。
ちっとも赤くなりません(・・;)
日照不足かな?


minitomato_18_11_29_2.jpg

期待を込めて、透明フィルムで囲ってやりましたが、
さて、どうかな。


syungiku_18_11_29.jpg

生食用に重宝している春菊です。
獣が出没するので(イタチとか)荒らされないように、キュウリネットで保護。


swisschard_18_11_29.jpg

去年に種まきしたスイスチャードも、株を残しておいたら
次々と葉を出します。


satoimo_18_11_29.jpg

里芋は、度々の台風で葉が傷んだせいか、小芋が小さ目です。


parsley18_11_29.jpg

秋に植えたパセリは、やっと茂ってきました。
その横にセロリも植えましたが、まだまだ発展途上です。


naappa_18_11_29.jpg

毎年勝手生えする菜っ葉類。
水菜、ルッコラ、菜花など、一番大きくなってます。



lettuce_18_11_29.jpg

焼肉レタスです。


hakusai_18_11_29.jpg

紫の白菜。
サラダや浅漬けにします。
夏の暑い時期に種蒔きして育てているので、成長が愛おしいです。


cabbage_18_11_29.jpg

梅雨時分に採ったトンガリキャベツの株から出てきた脇芽を挿し木したキャベツ。
葉が巻いてきましたが、大きくなるかなぁ。

その他、芽キャベツ、いちご、アスパラガス、金時草、ほうれん草、蕪、花花花、ハーブと、
所狭しと植えてます。
生え揃ってきたのを眺めていると、幸せな気分になりますよ。

時々、隣人と畑越しに畑談義をしたり、
iフォンでPodcastを聴きながら、作業をしたり、
こうして写真を撮ったり、
晩御飯前に来て、おかずの材料を採ったり、
とーっても有意義な時間を過ごしてます!!
(*^◯^*)


菊の滴

mum_18_11_4_8.jpg

今年のマイブームは、挿し木でした。
なんでも挿し木に挑戦して、楽しかったです。



mum_18_11_4_9.jpg

ここに載っている菊も全部挿し木からです。
花屋さんで買った切り花も、切り落とした部分で挿し木しました。
結構高い確率で発根しましたよ。


mum_18_11_4_10.jpg

あまりに挿し木をしすぎて、植える場所が足らないということも…。



mum_18_11_4_11.jpg

畑では、ミニトマトを挿し木で育てているのですが、
大きくなって青い実がついています。
でも、さすがに日照と気温が限界の様で、ちっとも実が赤くならないです。
保温する必要があるかな。

と、こういうことをしているとご機嫌な私です。





菊の滴

mum_18_11_4_4.jpg

今年は、去年の台風で壊れた小屋跡に菊をたくさん植えました。



mum_18_11_4_5.jpg

その中のひとつ、ピンクがかわいい花です。



mum_18_11_4_6.jpg

ラブリーです(^^)



mum_18_11_4_3.jpg

露草の種。



霧の様な雨が降って、雨をたくさん帯びた菊の花です。
水の器になってくれた菊の花を写してみました。





キャベツの朝露

drop_18_11_7_1.jpg

朝露が美しい季節になりました。
キャベツの朝露を撮ってみました。



drop_18_11_7_2.jpg

このキャベツは、春蒔きで初夏に採った後の切り株から出て来た脇芽を
9月になってから挿し木して育てているものです。
結球できたら、家で食べる分には挿し木だけで毎年育てられそうですよ。
うまくいくかなぁ、楽しみ!


drop_18_11_7_4.jpg

これは夏に種まきした芽キャベツの葉ですが、
成長が遅れている株を、一旦茎と根の境で切ってしまい、
改めて挿し木したものです。
驚く程すぐに発根しました。



drop_18_11_7_5.jpg

比較の為に、根を切らないままの株と並べて植えてみましたが、
根を切って挿し木した方がよく成長しています。

(ちなみに、白菜も根を切って挿し木を試みています。)


drop_18_11_7_6.jpg

他に、私の大好きなディルも畑のあちこちで育っています。
これが無いと、サラダやピクルス等の味が物足りない気がします。
たくさん出て来たので、うれしいです。


tombo_18_11_7.jpg

これは何かというと、
写真を撮っている私の左腕に止まったとんぼです(^^)
とっさだったので、こんな写真になりました。





竜胆を見に

IMG_8329.jpg

お天気がいいので、いつも行く里山へ
贅沢にも、ボディガードをふたりもつけて行ってきました。

あちこちにたくさんの竜胆が咲いています。
喜んで一眼レフを出して撮ろうとしたら、何ということでしょう!
カードが入っていませんでした.

なのでiPhone写真となりました。



IMG_8388.jpg

センブリもたくさん咲いていました。



IMG_8389.jpg

今年は例年より、たくさん咲いている気がします。



IMG_8387.jpg

比良山系とため池。



IMG_8386.jpg





IMG_8385.jpg

野紺菊もびっしりと。



IMG_8391.jpg

琵琶湖が見えます。






実は、この日、ヒヤヒヤな里山ドライブでした。

日曜日だからか、いつもはひと気の無い里山に車がけっこう走っていました。
ため池のバス釣りに行く車だと思います。
それから農作業をする軽トラも行き交います。
狭い農道が車で通せんぼで、いつもの道に行けなくて、
脇道の細い道にそれました。

それが失敗のもと。
バックができなくて前進のみで、
右に車輪が外れたら田んぼへ落ち、
左に外れたら深い溝に落ちるという車輪幅ギリギリのところへ出てしまいました。

幸いボディガードふたりの誘導で、
一番狭いところを勢いつけて突破することができましたが、
自分ひとりだったら、どうしていたかなぁ。

ひとりじゃないと、「何とかなる!」と神経が図太くなるおばちゃん根性が出ます(^^;;;



ホトトギスとフジバカマ

hototogisu_18_10_15_2.jpg

タイワンホトトギスだと思います。
ものすごく増えます。




hototogisu_18_10_15_3.jpg





hototogisu_18_10_15_1.jpg





fuzibakama_18_10_15_2.jpg

フジバカマです。
これもものすごく増えます。
切り戻ししても背が高いです。


flowers_18_10_15.jpg

主に野草を植えている所です。
ホトトギスとフジバカマは適宜減らさなければ全面覆ってしまいそうです。
ノコンギクも来年は株を大きくしそうです。








春の花を種から育てていますが、
日照不足だったからか、成長が著しく遅れています。
毎日、苗の様子を眺めては、はよ大きくなれ〜と声をかけてます。
でも、ホームセンターで買った方が良かったかなと思っています。

ここ数日はお天気がいいので、
苗ポットに十分日が当たるよう、
あちこち場所を移し変えて日向ぼっこさせてます(^^)



ノコンギク

nokongiku_18_10_15_1.jpg

里山に行くとよく見られるノコンギクです。
一株植えただけなのに、この時期、庭の中では一番目立っています。



nokongiku_18_10_15_2.jpg

かわいいなぁって、洗濯物を干しながら毎日声かけしています。



nokongiku_18_10_15_4.jpg

クスクスと笑う様に風に揺れて、
何だか、私の声かけが通じているような気がしてしまいます。



nokongiku_18_10_15_3.jpg

手前アキチョウジから見たノコンギクです。
山里から連れて帰ってしまった花なのに、妙にしっくりしています。

すぐ近くを国道が走っていて、騒音が響くわが田舎屋。
思わぬところで根をおろしたことにびっくりしているかなと思います。







一昨日、母のいる施設へ行った時に、おかしかったこと。
私が母といるとよく声をかけて下さる女性職員さんが、
この日も親しげに声をかけてこられました。
それがね、母の話し方の真似をして、京都弁なんですよ。

母は生粋の京都弁でしか話しませんので、今時の京都でも珍しいようで
そうどす、しとくれやすか、えらいすんまへんな、ごめんやっしゃ、が普通に出て来ます。

そんな母を面白がっているのか、わざと京都弁を使わはります。
それがちっとも似合わなくてね、だけど微笑ましくて、
職員さんの気持ちがありがたかったです。

認知が少しあるが故の不安でいっぱいの母ですが、
真摯なお仕事をされている職員さんが多いので、
安心して暮らして欲しいと、一週間毎に同じ説明するのが私の仕事になっています。



アキチョウジ



昨年の秋、京都市左京区久多の山里からもらって帰ったアキチョウジ。
挿し木で3本、根付き、花咲きました。


akityozi_18_10_15_1.jpg





akityozi_18_10_15_5.jpg





akityozi_18_10_15_3.jpg





akityozi_18_10_15_2.jpg

この一角に咲く秋の野草。
明日の記事は、同じく久多から移植したノコンギクを。








(インスタグラムに「ohanachan7172」でささやかにアップしています。息子の器に庭の花を生けるがテーマです。「ohanachan7172」でググっても見られます。こちらは、まめにアップしてます。)




10月になりました



今年は銀木犀の花がたくさん咲いています。
横を通る度にうっとりします。



nokongiku_18_10_1_1.jpg

去年、京都市左京区久多から連れて帰ってしまったノコンギクが咲きました。



nokongiku_18_10_1_2.jpg

拡大すると小さな花がかわいいです。



turiganeninzin_18_10_1.jpg

銀木犀の下に咲いているツリガネニンジン。
今年は、もうひとつ勢いがありません。
暑かったものね。



asagao_18_10_1_1.jpg

今年も咲いた野良朝顔。



asagao_18_10_1_2.jpg

この青が好きです。


今日は、母の米寿の誕生日。
母の住んでいる京都大原まで、洗濯物を持って行こうかな。
米寿のお祝いに「洗濯物」と私の元気な顔を(^^)

長生きしてくれて「感謝」です。



Appendix

プロフィール

nion

Author:nion
「水は宇宙の似姿」
草花の雫からびわ湖まで
「水」について感じた事を写します。
フィールドは主にびわ湖の湖西
最近は殆ど家の庭で撮っています。
たまにアート・デザインについても語ります。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR