FC2ブログ

Entries

朝・顔

絞り染めのような朝顔の中心…私の定番の朝顔ショットです。私はもともとねぼすけで、早朝に起きて写真を撮ることなど滅多に無いです。でも、お日様が元気な顔を出す前に野良仕事をしておこうと最近は早起きしています。いつもはしぼむ直前にしか見ない朝顔ですが、早起きすると清々しい朝の顔を見られます。工房の窓には、あけびと羽衣ジャスミンをからませて、そこへ朝顔も仲間に入れました。種から育てるとかわいさもひとしおで...

緑の花

今年は変わった色の花が欲しくて、ライムグリーンの百日草と、ミックス種のひまわりを育てています。人参の花後はちょっと面白い姿です。姫紫陽花は、彩度が落ちて、複雑な色合いになっています。こんな感じに寄せ集めて入れています。遠方より友人が、お父さんが作られたかご(正確な名前は、昨日まで覚えていたのだけど失念)を持って遊びにきてくれました。早速収穫に使わせてもらいました。バジルと赤紫蘇を摘むのにとても便利...

アナベル

アナベルの花の向うに咲いているマリンブルー紫陽花を撮りました。昨年、切り花から挿し木したアナベルが、今年、一房だけ咲きました。うれしい(^^)アナベルとマリンブルーの位置関係は、こんな感じ。もう紫陽花は、十分見尽くした、なんて書いておられる方も見受けましたが、私はいつまでも見ていたい。褪せていく花も素敵だし。でも、今年は入梅が遅くて、水やりの困難なところに咲いている紫陽花は早々と、焦げ焦げの花になって...

フィーバーフュー

久々に畑に行ったら、草が背高くぼうぼうで、びっくりです。夕方近くまで待って、草刈り機と鎌で作業しました。雨が降らないせいか、草の本数は少ないので、作業は楽でした。フィーバーフューも、こんもりと繁っています。1時間半ほど作業した後、鎌をカメラに代えました。フューバーフューは、夏白菊、マトリカリアとも言って、葉が甘い香りがします。甘い香りを楽しみながら、こんな風に生けてみました。ポケットにiPhoneを入れ...

桜餅みたいな紫陽花

西日を受けた紫陽花が美しいです。花の中にレンズを入れてみました。桜餅みたい!去年、購入した切り花から挿し木した紫陽花が咲きました!25センチ程のまん丸大輪です。こんな花あったかなぁと全く思い出せません。他にも、「アナベル」や「墨田の花火」なども挿し木したのですが…。思い出せない花が一番大輪に咲いたのが、ちょっと得した気分です。...

姫紫陽花 2

毎日することが多過ぎて、なかなかカメラを持つことができません。たまに撮っても、ほらこの通り、ピントがあっていないし、ぶれまくり。それでも、少しの間を見つけて写真を撮りたいと思える姫紫陽花。まだまだ色変化していくのが楽しみです。最後の一枚は、iPhoneで撮ったもの。最近では品種がものすごく多くて、色も形も様々で見とれてしまいますが、やはり私はこの素朴な姫紫陽花が一番好きです。...

姫紫陽花 1

毎年、飽きずに同じ姫紫陽花の写真を撮ります。去年、剪定しなかったので、背が高くなり過ぎました。同じ株なのに、ピンクから青紫、青と色様々です。私がこの家に来た時は、青だけの花だったのですが。陶芸家の息子が、「おれが釉薬の水をほかしたからかなぁ」と不思議がります。実際はどうなのかわかりませんが。亡きじいちゃんのガラクタをまだ処分できていないひどい庭ですが、(去年の台風の後始末もできていない…。)姫紫陽...

野菜の花

春菊の花ディルの花夏白菊人参の花白いスィトピーとツルマンネングサを加えて、飾ってみました。私が野菜を作っている小さな畑は、ゆるーい畑です。草はたくさん生えているし、野菜と花がごちゃごちゃだし、こぼれ種で増えるのも大歓迎だし、だからか、通りがけに空き缶とかをポイ捨てされることが多いです。花壇らしくないそこらへんの草っぱらみたいにみえるせいか、踏んづけられることも。散歩のワンコにおしっこさせている人も...

紫陽花の季節のはじまり

大好きな紫陽花の季節が始まりました。昨年、購入した枝ものから挿し木した紫陽花が、色づいてきました。数種類、挿し木したのですが、印をつけなかったのでどの種類だか、花が色づかなければわからないです。咲いてみてのお楽しみです。山紫陽花の七段花は、ひっそりと真っ先に色づいていました。とても小さな紫陽花ですが、私が撮ると巨大(^^;;ブルーの小さな星形が涼やかです。ドリフトローズが、花盛りです。この花の中心の色...

遊びの後で 庭の花を見ると

(野薊)今日は、二十数年来おつきあいのある地元の友人達との食事会に行って来ました。年に二回程会って、しゃべり尽す会と言ってもいい(^^)(野薊)境遇は皆似ていて、介護老人(程度の差はあるが)の世話をしている長男の嫁。(白詰草)グループを作り始めた頃は、子供の話題が多かったのに、最近は、「そこのおじいさん、どう?」「〇〇ちゃんとこのおばあちゃんはどうしたはる?」ばかりです。(ユキノシタ)ぐちを言う場とし...

Appendix

プロフィール

nion

Author:nion
「水は宇宙の似姿」
草花の雫からびわ湖まで
「水」について感じた事を写します。
フィールドは主にびわ湖の湖西
最近は殆ど家の庭で撮っています。
たまにアート・デザインについても語ります。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR