Entries

TAMBO2017

田んぼに水を入れているところです。もとより雑な仕事ぶりのとうちゃんの田んぼは、でこぼこだらけで足はとられるし、草だらけだし、まだらに苗が植わっているし何より、水を満タンに入れてもすぐに引いて土が露出します。なので、毎日私が水を入れに行くのが日課となっています。水口を開けると、水が勢いよく入ります。その瞬間が好きで、面倒な日課ですが嫌いではありません。減反の田んぼで、採り残しの紫人参に花が咲きました...

三条通

1階はとてもオシャレなお店でした。1928ビル。ギャラリーに寄る時間が無くて、残念でした。甲殻類アレルギーの私には、縁の無いところ(^^;;すき焼きの三嶋亭。ここも縁が無いです。ものすごく美味しいんやろねぇ(^^)寺町通を逆さに写してました。三条河原町にある、アクセサリーのお店です。ピアスもヘアアクセサリーもつけられないから、横目でパス。ここを北にあがってバスに乗って帰りました。往復バス時間を合わせても3時間...

三条通

京都文化博物館へ、友人の写真展を見て来ました。滋賀県の湖北にある余呉湖を、心象風景作品に仕上げていました。とっても良かったです。さて、ここからノーファインダーで三条通を河原町通りまで歩きます。音が小さいGRで撮りました。いつからこんな歩道あったけなぁ。手描き看板と若いお母さんの傘が面白かったのですが…。私には縁の無いお店。私には縁の無いお店が続きます。sacuraビル。見ているだけでイメージがわくオシャレ...

青天

昨日の続き、京都大原の風景です。川沿いの道は、軽トラの轍が続きます。ほんま、青いなぁ。右奥にある三千院方面も、新緑が美しい。川面もさわやかで。足撮りも軽く。轍のクローバー。脇の畑には、高畝の黒マルチにキュウリとリーフレタスが植えられていました。ここの畑作業は、いつ見ても手間をかけられていて、がっしりしています。来月には、収穫が始まることでしょう。さてと、いい気分になったところで、いざ、帰ります。...

青天

母の元からの帰り道、京都大原里の駅に久々に寄り、賀茂のトマトを購入後、少しだけ辺りをさんぽしました。いつものくるみの木を目指します。青いなぁ(^^)昨日、実家の台所の整理を少ししました。懐かしい道具もでてきて、家族でワイワイと過ごした幼い時間を思い出しました。母が手にして、家族の為に料理をしてくれた道具を、ぽいぽいと袋に入れていたら、なんだか切なくなってきて、泣きそうになりました。一度にはできないから...

鯉のぼり

青空の日には、鯉のぼりを撮りにいかなくちゃと、そわそわします。なので、思い切って自転車を漕いで、ちゃっちゃと写真を撮って来ます。空が青くても、風向きや風の強さが思い通りになりません。それに、ええ感じの風だと思って撮っても、撮る人の腕がないから、がっかりすることばかりです。日を変えて、同じ場所から撮り直しもします。だけど、条件が変わるとイメージ通りにならないし。そんなことお構いなしに、元気に泳ぐ鯉の...

母とお花見

iPadで4月15日、母が住んでいる大原で、母とお花見。iPadで車椅子の母は、のどかな風景を「ほんまに大原はええなぁ」と、穏やかに眺めていました。GRでしだれ八重桜の下で、見返りばぁちゃんも撮りました。母の顔も八重桜と同じ位、くしゃくしゃとシワだらけのピンク色でした(^^;;色白は七難を隠すといいますが、これに関しては母が羨ましいです。GR クロスプロセスで見にくくなった視力でも、枝から枝へ飛んでいる鳥が見えた...

マキノ町 白谷のお寺さん「正通寺」

美しい梅の花に誘われて、立ち寄ってみました。古木の貫禄と紅梅色が由緒ある山里にぴったりだと思いました。山門の木目。手前の柱の曲がり具合が気になりました。これで滋賀県マキノ町白谷を終えます。温泉もとてもいいお湯だそうで、湖北へおいでの際は、是非(^^)お知らせ多忙のため、少しブログ更新をお休みします。...

マキノ町 白谷

滋賀県マキノ町白谷に来ました。連れの男達は白谷温泉に入りにいき、私は在所の中をウロウロしました。夫婦椿の巨木傍らの蔵です。桜は、湖の近くでは、綻び始めていたのですが、さすがに山里ではまだ咲いていませんでした。 民家の庭の椿です。あちらこちらで椿の花が咲いています。それにしても、どこのお宅も草が生えていなくて、美しく掃き清められています。どうしたらこんなに清々しい佇まいができるのか、教えて欲しいです...

パワースポット

滋賀県大津市坂本にある、日吉大社に行って来ました。今回は、曇り、ときどき写真日和のらこささん母娘さんをご案内しました。清浄で荘厳な境内から感じるパワーを大木からも受け取って。らこささんの娘さんの手は美しいですね。カメラで見上げてみました。岩をくるむ苔。結構大きな岩なのですけどね…。比叡山からの清らかな水がいたるところで流れているせいか、苔がびっしりと生えていました。祭祀の名残でしょうかね。御幣と同...

Appendix

プロフィール

nion

Author:nion
「水は宇宙の似姿」
草花の雫からびわ湖まで
「水」について感じた事を写します。
フィールドは主にびわ湖の湖西
最近は殆ど家の庭で撮っています。
たまにアート・デザインについても語ります。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR