Entries

流れの中の椿

大津市坂本にある日吉大社境内。比叡山からの清らかな水が境内を巡ります。花木が少ない中、藪椿が咲いていました。耐える花。これを自分に例える私でした… (* ̄∀ ̄); 掃きだめの花。潔く落ちた後も色を残して。褪色して、やがて地面に還ります。...

近江八幡にて 5

時代劇ロケで有名な水郷(^^)残念ながら、静かな日でした。電線も風景の一部ですけど、邪魔やな。一瞬で駆け抜けた少年。紅殻格子に面白そうなものが飾ってありました。今はやりの、多肉ちゃんです。バックの山は、関白秀次のお城があった八幡山一帯です。...

近江八幡にて 4

近江八幡というと水郷が有名です。水郷のみなも写真を集めてみました。柿もぷかりひっついてるのがおかしい。みなもに吹寄せ。ヒメツルソバも参加してます。(web用に保存をしたらトーンジャンプが出てしまいました…)...

鴨川上流の紅葉

京都洛北の紅葉は、もう終わりに近づきました。落葉樹の色合いは褪せてきて、沈んだ冬の色になってきました。紅葉が美しくて、通る度に気になっていた橋の上。盛りの時に撮ればいいものを、早く帰りたくて、通り過ぎてばかりいました。時雨の中、思い切って車を停めて眺めてみたら、少しおしゃべりな色が見られました。...

明王谷

滋賀県大津市葛川(かつらがわ)にある明王谷です。沢登りができるそうですが、私が行ったのは谷の最後の部分です。大きくなります。明王院へと渡る橋の上から撮っています。...

柊野の堰

年末の29日日没前に賀茂川の堰に立ち寄りました。水量は豊かでした。あまり写欲がわくものが無かったのですが、鴨が浮かんでいたので、何となくカメラを向けてみました。鴨たちが会話しているみたいでした。ちょこっと遊んでみました。おそまつでした(^^;;遠かったので、鳥ミングしてます。...

雨の後の大原川

堰にあたって姿を変える水の形。あたる前の表面は滑らかで、エネルギーを一斉に動かしている。これはエネルギーのひとつの形なんだと思ってみていました。いつもの京都大原 里の駅に寄りました。川の方から水の音が聞こえてきたので、コンデジを持って行ってみました。鴨川の支流高野川は、大原まで遡ると大原川と呼ばれています。大きな川ではありませんが、さすが大雨の後は、水量が多かったです。川の横の畑の法面です。少し見...

賀茂川の第一堰の柳

山桜の北側には柳がたおやかな姿を見せてくれました。1000ピクセルになります。堰の上で、20歳前後の男の子達が上半身はだかで遊んでいます。とても楽しそう(^^)身に感じる春が、歳ごとに変化して行っています。...

和邇川河口

ありふれた川の様子ですが、何度も通ううちに、ちょっとした違いを見つけては面白がるようになりました。この日は、枯れ草の様子が面白いと思いました。オオフサモが青い葉を出しています。今の時点で採り去っておくと、夏の繁殖が押さえられるかなと思いました。水面からでている小さな茎が、剽軽な感じがして、おかしかったです。...

賀茂川の堰 4

鴨川の支流「賀茂川」の、市街地にある一番上流の堰です。すぐ近くの橋の上から撮っています。大きくなります。鳥ミングしてます(^^;)かっこいいな。夏の間は、若い人達が堰の上で遊んでいました。後ろを向いた下流方面は、ころっとイメージが変わります。...

Appendix

プロフィール

nion

Author:nion
「水は宇宙の似姿」
草花の雫からびわ湖まで
「水」について感じた事を写します。
フィールドは主にびわ湖の湖西
最近は殆ど家の庭で撮っています。
たまにアート・デザインについても語ります。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR