FC2ブログ

Entries

ひとしずく

皇帝ダリアの葉先の雫花も咲き始めました。...

11月14日の空

小椋神社に向かう途中。小椋神社の鳥居帰り際には時雨が通り過ぎて、東の空が黒くなっていました。小椋神社から出てすぐに虹が出ているのを見つけました。消えかかっていたところです。女心と秋の空といいますが・・・家に帰ってテレビをつけたら、党首討論の最中でした。野田さんと安倍さんが、対決していました。...

柚(ゆう)

お隣から柚をもらいました。まずは記念撮影。くたびれた食卓と柚。この後、しぼったジュースは蜂蜜と合わせて冷蔵庫へ。種は、ホワイトリカーにつけて私の化粧水へ。(成功するかなぁ)皮は、さっとゆがき蜂蜜と合わせてゆず茶にしました。今日、茜紫さんに教えてもらった柿のジャムをつくりました。...

小椋神社 コンデジ散歩 2

小椋神社の続きです。今日は、落ち葉と地面編です。黄色の葉っぱは、石楠花だと思います。やぶこうじわざとらしい配置の落ち葉と思ったでしょう?実は、元は3枚のみです。上の方から落としたのに、作為のある配置になってしまいました。猫の手を借りました(=^・^=) 猫の手がついているのが私の落とした葉っぱです。ほな、ひとり遊びにも満足したし、かえろか〜「赤や黄色の色さまざまに〜♪」が脳内でオートリバース。(古いね!)...

小椋神社 コンデジ散歩 1

時雨の中、小椋神社に寄ってみました。初紅葉狩りです。三大杉。樹齢400年だそうです。薄暗い神社にひとりで撮っていると時雨の冷たさが身に凍みました。以下、ひとりさびしく写した神社の様子です。大小合わせて10近いお社があったと思います。由緒「天安二年(西暦858年)人皇第五十五代文徳天皇の皇子惟喬親王の創祀に依る古社である」滋賀県大津市仰木 11月14日明日も続けます。...

わっしょい!

「わっしょい!」「わっしょい!」「わっしょい!」「わっしょい!」庭では毎日おみこしさんが賑やかです。げんのしょうこの花がこんな姿になりました。別名「みこしぐさ」こまつなぎの莢です。(青いのはりんどうの花)...

百日草

花期の長い花です。日暮れにこの鮮やかさ。...

壷にしもつけの紅葉 

お行儀の悪い菊の花としもつけを壷にに生けました。右下の花をクローズアップ。...

しもつけの紅葉

西日を受けてしもつけが輝いていました。明日もしもつけです。...

あざみの花は・・・

あざみの花のつくりは、手術のファイバースコープに似ていると思います。両生類かは虫類の舌にもこんな形があった気がします。自然のものも、人工のものも形が似てくるのはどうしてでしょうか。何を思い出したのか、11月になって咲いたあざみです。...

Appendix

プロフィール

nion

Author:nion
「水は宇宙の似姿」
草花の雫からびわ湖まで
「水」について感じた事を写します。
フィールドは主にびわ湖の湖西
最近は殆ど家の庭で撮っています。
たまにアート・デザインについても語ります。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR