FC2ブログ

Entries

桜茶です。いい香りです。...

雪だるまちゃんとだるまちゃん

日本全国のお友達へ、雪だるまちゃんを紹介します(^^)目→ポスターカラーのボトルキャップ口→滋賀県特産日野菜ボタン→赤かぶら髪→南天の実雪だるまとだるまちゃんです。これだけ小さいとシワが見えないね・・・(^^;雪をころころしている間中、楽しくて可笑しくて顔が勝手に笑ってしまいました。これでは変な人みたいだからと、顔を引き締めましたが、やはり笑ってしまいます。これは滅多に無い現象だと思い息子に記念撮影してもらい...

霜が降りた朝 2

クローバーの葉っぱです。雪解けの水滴が凍っています。...

霜が降りた朝 1

散ったビオラの花びらにも霜が降りました。道路から飛んできた落ち葉の上で、違う花を咲かせているようでした。霜がついて、落ち葉に寄りかかるビオラです。陽があたると、みるみる元気を取り戻します。さぁ、お日様に元気もらって、がんばろ〜(^^)お日様、でてるかな?...

苔の緑

寒さで沈んだ色の苔も、少しだけ鮮やかさを取り戻したような。雪の下には、一面に苔が隠れています。木立の向こうの下方には龍神池があります。少し見下ろして撮っているのですが、見下ろしているのか見上げているのかわからない写真に見えますね。雪は、距離感や位置感を無くすような面があるのかもしれません。これで、雪のお写んぽシリーズを終わります。ちなみに、「お写んぽ」は、友達の「agraciado」のchachaさんから無断借...

雪の水影

影を映すみなもを見ていると、現実と影との境界がわからなくなります。心の不安定が、影を現実に見せてしまうこともあるかもしれません。影に魅入られそうになると、枝から落ちた雪が波紋を作って水面を揺らします。滲む雪の影が、幾重にも揺らいで現実を教えてくれました。極寒の地の方々より、感想をいただきました。「池が凍っていないのが不思議、違和感」と(^^;この池も凍るのですが、まだこれくらいの寒さでは凍らないです。...

波紋

池のあちこちで、さらさらと枝から雪が降り注いで、何重にも波紋を作っていました。水の化身である雪が、池の水に波紋を描くのを私は飽きずにずっと眺めていました。今日も1月10日に降った雪の写真です。昨日の写真の池の入りくんだ所に、私が龍神池と呼んでいる小さな池があります。(海で言ったら入江みたいな感じです。)長年の泥が溜まったような池ですが、四季折々に色々な表情を見せてくれます。雪が降った日は、特に面白くな...

水の綾

風と戯れるみなも。雪を映して揺らぎます。農業用にも使う、神社の池です。ここは、私にとって身近で大切な場所。私のブログに度々登場してくれています。そういえば、私が行くところって、ここを含めて、ほんの数カ所に限られているんですよね。ひとりで行けるところが少ないというか、ひとりで出かけられないあかんたれというか…。明日も、続けます。...

雪のお写んぽ

1月10日に降った雪をお写んぽしました。琵琶湖の西を走る湖西道路を見ています。家人に行ってらしゃいをしてから、庭の雪を撮っていたのですが、あまり面白くありませんでした。時間が無かったため、遠出もできず、近所へ長靴撮影隊の出動となりました。早く行かなければ、きれいな雪がとけてしまいそうな、そんな青空でした。続けます(^.^)...

和邇浜から伊吹山

琵琶湖対岸の伊吹山と沖島です。7日の昼頃、車を走らせていると住宅街の坂道のてっぺんから見下ろした時、伊吹山がニョッキリと顔を出しました。まるで、すぐそこに伊吹山があるように見えました。でも、運転を進めれば進める程、伊吹山は遠くなっていくのでした。(意味わかる?)とても不思議でした。坂道と建物でできた1点透視図の中心にあった伊吹山は、大きく見えて広々とした何もないところの向こうに見える伊吹山は、小さ...

Appendix

プロフィール

nion

Author:nion
「水は宇宙の似姿」
草花の雫からびわ湖まで
「水」について感じた事を写します。
フィールドは主にびわ湖の湖西
最近は殆ど家の庭で撮っています。
たまにアート・デザインについても語ります。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR