fc2ブログ

Entries

琵琶湖大橋

琵琶湖大橋は、近くで見ると、うねっているように見えました。橋の舗装は、車が通ると音楽がなります。メロディロードというそうで、琵琶湖大橋は、琵琶湖就航歌が流れます。加藤登紀子さんも歌っておられるので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。私が写真を写している最中にも、聞こえてきました。私はしょっちゅう通るので、かえってうるさいと思っています(^_^;)道の駅「米プラザ」です。帰り際にパチリ。売店で、赤ずい...

お盆明けの和邇浜

お盆明けに和邇浜に寄ってみました。和邇川の水は濁っていますが、琵琶湖の水は澄んでいてました。手前の濁っている部分が和邇川の水です。大きくなります。大きくなります。手持ちで撮った4枚の写真を合成してみました。180度の風景です。左手の山は、比良山系です。右手にある島は、沖島だと思います。右端は、6月22日に行った長命寺の山だと思います。釣り人がたくさんいました。...

お盆の花

8月16日に写しました。お供えの菊花です。...

ツリガネニンジン

勝手生えの豆朝顔が、ツリガネニンジンに絡み付いています。絹糸の様な雨が降るお盆の中日でした。どこかで誰かが泣いているのでしょうか。あちらこちらで草丈を伸ばしているツリガネニンジンとカワラナデシコが、蒸し暑さを和らげてくれているようでした。...

ひとりで見る波

琵琶湖の小さな波です。浜辺で、寄り添って動かないカップルを見て、自分がひとりなのを寂しく感じたのではなくて、飽きる事無く、打ち寄せる波のクルクルとした動きと、私の中に流れる水と、地球を巡る水とのつながりを想いながら、写真を撮ろうとしていたのですよ、ほんとに。昨日は、土砂降りの中、京都の五山送り火に行ってきました。ちょうど点火の頃には、小降りになって、送り火は粛々と静かに燃えました。父や祖父母は、安...

和邇川

大きくなります。和邇川の河口です。よく見られる小さな川です。琵琶湖に流入する川は、大小合わせて460本あるといわれます。和邇川は、その中では、小さい方の川です。対して、琵琶湖から流出する川は、瀬田川1本しかありません。(琵琶湖疎水で、京都に送るのを除いて)私は、このことを結婚してから知りました(^^;;7月7日に撮影後、加工しました。滋賀県大津市にある和邇(わに)という地域は、古代豪族の和邇氏の根拠地で...

梅干しと塩辛

台風が来る前のお天気に、梅を干しました。2Lサイズの梅はきれいな色に染まり、記念写真を撮りました。シオカラトンボが、止まってくれました。洗濯干しの途中で、急いでカメラを取りに戻り、そーっと近づいて撮りました。少しずつ近づいていくと、案外逃げませんでした。(それなのに、ピントが甘いです(^^; )うちの庭は、蝶やトンボの通り道なのか、色々なアゲハや、トンボの姿を見かけます。蝶は苦手なので撮れませんし、とん...

縞葦の滴

大きくなります。縞葦は、1本植えただけで、どんどん増えていきます。たおやかな姿に似合わない力強さです。...

蜘蛛の巣の雫

カメラをかえてから、あまり雫を撮っていない気がします。もう少し頑張ります。...

京都市役所

曇天の京都市役所東側の建物と、向うに見えるのは、京都ホテルオークラです。個展をしていた友人を訪ねた帰りに、初めて、京都市役所の敷地内に入りました。古い建物はいかめしくて怖いという印象そのままに加工してみました。...

Appendix

プロフィール

nion

Author:nion
「水は宇宙の似姿」
草花の雫からびわ湖まで
「水」について感じた事を写します。
フィールドは主にびわ湖の湖西
最近は殆ど家の庭で撮っています。
たまにアート・デザインについても語ります。

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR