Entries

暮れ方の京都大原 1

28日の夕方5時過ぎの大原です。みるみるうちに白い色で覆われました。1週間ぶりです。休んでいる間もお越し下さり、ありがとうございました。私の眼の内出血は、随分と良くなりました。ホラーなおめめから、元の姿に戻るにはまだもう少しかかりそうですが。眼を酷使する仕事柄、自制しつつブログを続けて行きたいと思います。...

横顔

雪で倒れた水仙を採ってきて生けたら芳しい香りが部屋中に漂いました。それにしても、しげしげと水仙を見たのは初めてです。凛とした横顔だなと思いました。ちいさな怪獣が住んでいるのを、この写真で気付きました。どおりで虫食い跡があると思いました。雪の中でも青虫がいるんですね。<お知らせ>5日前から私の左白目が、内出血して真っ赤っかです。(たまにあることですが。)眼病持ちでもあるので、眼を休めるため、少しブロ...

紫色

これはなにかというと、菜っ葉の切り株です。紫色の水菜です。新規野菜の味を熱心に探求するとうちゃんが、持って帰ってきてくれました。最近は新しい野菜がたくさん出ていますね(^^)使い方がわからなくて、鍋に足したら、苦かったです。サラダの彩りとして入れたら、きれいでした。もう少し若い葉っぱの方が美味しいと思います。...

雪どけ雫

昨日からの続き、私の職場「洗濯物干し場」の干し竿に積もった雪の様子です。義父の忌明けの法事をした朝の写真でした。大雪にならなくて良かったです。その翌朝は、すっかり雪どけしました。お天気で風があったので、大量の洗濯物を外に干しました。雪がとけてなくなった物干し場は、まるで満艦飾のように賑やかでした。...

雪どけ中

物干し竿に積もった雪がとけかけています。やがて水に戻って…。...

氷、氷、

この氷写真も、眠たい画でした。紫系で締めてみました。...

氷、

庭の氷です。元画像は、とても眠たい画なんですが、眠気を無理矢理取り去ってみました。在庫が無くなってきたので、1枚だけ…(´・_・`)...

滴の氷

縞葦の滴が凍っていました。...

和邇川河口

ありふれた川の様子ですが、何度も通ううちに、ちょっとした違いを見つけては面白がるようになりました。この日は、枯れ草の様子が面白いと思いました。オオフサモが青い葉を出しています。今の時点で採り去っておくと、夏の繁殖が押さえられるかなと思いました。水面からでている小さな茎が、剽軽な感じがして、おかしかったです。...

和邇浜の波

この日の和邇浜の波は、今まで見た事のない形でした。この波が大きければ、サーフィンの波に似ているなと思います。湖中の水の回転運動が大きいのかなと想像しましたが、どうなんでしょうね。左の島は、沖島です。河口近くは波が複雑です。上3つは1月12日撮影です。翌日13日も、仕事先から寄って、コンデジで写してみました。前日と違い、白い伊吹山が見えました。比較してみると、波の形状が違いました。こちらの方が、見慣...

Appendix

プロフィール

nion

Author:nion
「水は宇宙の似姿」
草花の雫からびわ湖まで
「水」について感じた事を写します。
フィールドは主にびわ湖の湖西
最近は殆ど家の庭で撮っています。
たまにアート・デザインについても語ります。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR