FC2ブログ

Entries

庭で

例年に比べて、庭と畑に草花がありません。土がむき出しの場所が多くて、写欲が湧きません。ブログにのせる写真がなくなったところで、よっこらしょと庭に出てみました。どうしてこんなに草が少ないのか、星の瞳の一叢と1本のナズナを見つけることができましたよ。なぜか、ホッとしました(^^)...

手のひらの星

つまり、母の手のひらと星の瞳(オオイヌノフグリ)です。4月並になった気温に浮かれて、母をドライブに連れて行きました。賀茂川の上流、鴨川公園運動場へ。川岸に咲いていた星の瞳を一本摘んで母に渡しました。暫く大事に持っていたところ、気付かないうちに花がポロリと落ちていました。私は、地面に落ちたのを探して、手のひらに載せてあげました。「ちいさいのになんと美しい色やろ!」キラキラを撮りたかったのですが…。(...

琵琶湖の門 3

水の森に登場するのは3回目です。何の意味があるのか、未だにわからないです。幅1000ピクセル比良山系の雪は、昨日からの雨で随分と解けたと思います。このシリーズの最後の写真です。...

波打ち際

くるくると寄せては引いて行く波のリズムが波打ち際に、こんな模様を作っていました。...

波打ち際の漂流物 4

この葉っぱの下には、重たい生き物が隠れているんじゃないかと、目を凝らしてしまいました。どうして筋目が砂についているんでしょうね。足がもぞもぞついていたら怖いのでひっくり返したい気持ちを押さえました。先日久し振りに、琵琶湖産の大粒しじみ汁を食べました。八丁味噌で味付けをし、冷凍しておいた山椒の実を入れました。美味しかったです(^^)20年程前には、家の近くの用水にもしじみがうじゃうじゃといたのですが…...

波打ち際の漂流物 3

流木を何ものかに見てしまいます。この流木にも昆虫の姿が見えました。右手部分を真横から。一番根元から。全体です。...

波打ち際の漂流物 2

これを撮った時は、この流木にそんなに存在感を感じなかったのですが、横を「ちょっと通らせてや」と通り過ぎてからふと、気になって振り返ってみました。・・・その姿に哀れみを感じると言うか・・・また気になったので、振り返ってみました。ますます可哀想な気がしてきました。おかしな木です。...

波打ち際の漂流物 1

深海の節足動物の様な…数日間、波打ち際特集をします。...

風とタップダンス

河口の枯れ草です。強風で私も踊らされました。(つまりぶれているということ(^^;) )琵琶湖の波河口岸に雨でできた水溜りでも。浅い水溜りは小さくクルクル、水が踊ります。波の中の枯れ草いつもの場所、和邇浜で撮りました。...

雪雲

雪雲に覆われようとしている比良山系です。1000ピクセルになります。この後すぐに空全体を雲が覆い、雪が追いかけてきました。3月10日撮影...

Appendix

プロフィール

nion

Author:nion
「水は宇宙の似姿」
草花の雫からびわ湖まで
「水」について感じた事を写します。
フィールドは主にびわ湖の湖西
最近は殆ど家の庭で撮っています。
たまにアート・デザインについても語ります。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR