fc2ブログ

Entries

三つ葉の滴

毎年、勝手に生える三つ葉です。香りも歯ごたえも楽しめます。包丁でザクザクと刈り取って、色々な料理に使っています。料理下手nionの手抜き料理を買って来た鯖の生ずしと紅ショウガと三つ葉を合えたものは、爽やかな味わいがします。これから、当分の間、滴写真を続けます。...

菜の花が開いたら

前記事の蕾が開いた菜の花です。若い葉の間にひよどりに食べられてしまった菜っ葉です。暖かくなってニョキニョキと薹が立ち揃いました。畑に屈み込んでカシャカシャ撮っていると、お隣の奥さんが、おばあちゃんの介護の手を休めて私に呼びかけてくれました。丁度、ひと畝の菜の花がお隣の窓から見えて綺麗なのだそうです。お忙しくされている日々に、少しでも気休めの手助けになれたから、採らずに菜の花を咲かせておいて良かった...

冠滴

滴を戴く菜花の蕾です。滴と蕾の接点に感じるつっぱり感というか引っ張り合う力関係というかそういうものに魅力を感じています。人との関係においても?...

庭の小スミレ

前栽の落ち葉掃きをしていて、今年も小スミレを見つけました。小さな花を落とさないように、掌で落ち葉を払ってみました。...

桜に想う

京都大原の風景です。1000ピクセルになります。桜への想いは、ひとそれぞれにあり、古より数多の物語を醸成していると思います。私にも目蓋に浮かぶ想いがあり、文才があるのなら、オムニバスでいくつも書けそうです。それができないから写真を撮っているようなものだと思います。毎週、大津から京都へ通う道中、もうどれだけの物語が作られたことか。3月31日、母と次男を乗せて桜ドライブをした時、賀茂川に沿う賀茂街道と高野川...

桜写真で遊んだ

大きくなります。雨の京都府立植物園、マクロレンズを変えずに撮ったしだれ桜の写真で遊んでみました。思いのほか、雨が強く写っていました。花街で行われる、「都をどり」「北野をどり」「鴨川おどり」の華やかな舞台装置を思い出して作ってみました。(ちなみに、3つのをどりのうち、北野をどりが一番通好みだと、知り合いの通の方はおっしゃっていました。)大きくなります。花色以外の色を取りました。これは、大原の桜です。...

1枚2枚3枚、5枚

1枚2枚3枚5枚いっぱい(^^)とうちゃんの汚い軽トラのホロに落ちていた花びらです。  (とうちゃんの軽トラは新車なのに、特別汚いのです(^^;; )...

雨のチュウリップ

植物園に行った一番の目的、チューリップの花。去年程、種類が無くて、その上まだ咲いていなかったのが残念。槍のようにとんがってました。「若い時のあんたもやで!」と内なる声が。「雨の…」シリーズ、長々と続けました。おつきあい下さり、ありがとうございました(^^)...

雨の椿

椿の時期は過ぎていたようでした。傷みの無い花をやっと見つけました。以下、落花です。府立植物園の椿園は、植えられている間隔が狭く傘をさしながら写真撮りをしている私は、植物を痛める危険人物でした。実家の引き出しに、父の残しもののビニルのレインコートを見つけたので、今度からはこれを持参することにしました。それとカメラには、100均のシャンプーハットを(^^;;...

雨の土佐水木

去年まで、土佐水木の名を知りませんでした。名前を知ってから、よそよそしかった花とお近づきになった気がします。この花を撮ったのは、植物園に入ってすぐで、雫を撮ろうとマクロでがんばってみました。でも、雨降りにマクロはいけません。傘をさしながら撮ると、花にあたってしまいます。私とカメラにレインコートを着せる対策をするべきでした。土佐水木で失敗しても尚、雨の中でレンズを替えることもできず、東屋を見つけるま...

Appendix

プロフィール

nion

Author:nion
「水は宇宙の似姿」
草花の雫からびわ湖まで
「水」について感じた事を写します。
フィールドは主にびわ湖の湖西
最近は殆ど家の庭で撮っています。
たまにアート・デザインについても語ります。

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR