FC2ブログ

Entries

水蒸気たっぷりの大原

京都大原は相変わらず寒い景色でした。今時分にしては珍しい大雨が降って、空気中には水蒸気がたっぷり。いつものくるみの木。高野川上流の水はちょっと濁っていました。ちょっと水彩画風。菜花だけが鮮やかでした。帰りの途中越えの坂道(京都市と大津市の県境)は、濃い霧でした。全身アトピーで見るも無惨な姿なわたし、顔も赤まだらで、帽子とマスクが欠かせません。そんな私に、水分たっぷりな霧の中はとても気持ちよくて、車...

雪の日に 4

ふきのとうを撮りました。この蕗は、大きな蕗で、繁殖力大です。ふきのとうも大きいです。ピントが合っていませんが、美味しそうなので載せました。歯ブラシの上に滴、みたいです。大きいので、天ぷらにしても大きいです。山蕗のふきのとうはまだ出ていません。冷え込んだり3月4月並に気温が高かったりと、冬のめりはりが無い気候ですが、ふきのうとうに積もった雪が融けかけていると何だか、郷愁を覚える年頃になりました。...

雪の日に 3

何か面白いものは?と、前栽の庭に。鳥の食べ残し発見!私の足跡も。山椒の枝。陶器のテーブルと椅子。動物の足跡。チョウセンイタチかアライグマか猫か。猫にしては大きいかな。昨晩は寒くて眠れなかったです。引き戸が固くて閉まらなくて階段から吹き込む冷気が霊気みたいに感じられました。実は出るんです、うちの階段は。隣の部屋に住む長男は、徹夜仕事で帰って来ないし、とうちゃんは母屋で寝てるし、ひとりっきりで隠居に寝...

雪の日に 2

雪が少し積もりました。子供たちを乗せていた大五郎(^^)今は、荷物運搬用に使ってます。古い家は、雪が積もるときだけ美しくなります。座敷の引き戸に映す。ETV日曜美術館で、ニューヨークの伝説の写真家ソール・ライターを放映していました。数年前に亡くなられた写真家ですが、「人生で大切なのは、何を捨てるかということ」という持論で、名声に拘らない生き方からの写真を見て、とても気になりました。「神秘的なことは、馴染...

雪の日に

夜半から降り出した雪が少し積もりました。ちょっと体調が悪くて、おとなしくじっとしている間にきれいな雪が融けてしまいました。家の庭には写したいものが無くて、おとなりの花に出張しました。毎冬に鮮やかに咲くさざんか。しべの滴が凍っていました。どうも露出が間違っていたらしくて、明るい絵になってしまいました。もっと深い赤なのですが…・無理にコントラストを下げたので、色味が全然変わっています。なんかうまくいか...

Appendix

プロフィール

nion

Author:nion
「水は宇宙の似姿」
草花の雫からびわ湖まで
「水」について感じた事を写します。
フィールドは主にびわ湖の湖西
最近は殆ど家の庭で撮っています。
たまにアート・デザインについても語ります。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR