FC2ブログ

Entries

裏々山のさんぽ 前編

4月27日に、裏山の裏山にさんぽに行ってきました。
裏山のさんぽのまねしです。
とうちゃんが、4月半ばに水路の掃除で
「面白い場所発見!」したので、日を変えて私も連れてもらいました。


無駄に写真が多いです。よろしければ、おつきあい下さい。
mamusigusa_14_4_27.jpg
水路の端には、マムシ草が点々と咲いていました。
茎の模様がマムシっぽいのを、子どものように見つけて喜んでいはりました。

totyu_14_4_27_1.jpg
くねくねの木が、あちこちに見られました。
絞め殺しの木ですね。

totyu_14_4_27_4.jpg
歪めた顔のようなこぶのあるクヌギの木もたくさん。
明るい森だからじっと見られたけれど、暗かったら怖いと思います。

totyu_14_4_27_2.jpg
獣道に藪椿の落花。

totyu_14_4_27_3.jpg
水路橋です。
水路の足の部分が土砂で削られててしまったのか、細くなっていました。
歳月を感じました。

totyu_14_4_27_12.jpg
先をあるく同行人1号。

totyu_14_4_27_55.jpg

水路の水源まできました。
ここまでどれだけの距離があったのか、1キロもない程度だと思います。

とうちゃんの話によると、昭和14年に、
村の男性達が、背中に1個ずつU字溝ブロックを背負って運び、水路を作られたそうです。
70年以上も前の水路が今でも現役で頑張っているのに、感慨を思えました。

田植え前には、水路が山砂で埋まるのを除く作業を毎年行っています。
我が家は、学区がちがうので、全くのよそ者なのですが、
義父が山の田んぼを購入した為に、賦役があります。

とうちゃんが参加した賦役には、朝8時半の集合で、
集まったのはわずか数人で、とうちゃんが一番若かったそうです。

足場の悪い山の中の水路掃除を、高齢者が行っていると思うと
ほんまに頭が下がります。
そして、これから先は、どうしていかれるのかと心配になります。


ikarisou_14_4_27.jpg

水源近くには、イカリソウが咲いていました。

明日が後編です。

関連記事
スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

nion

Author:nion
「水は宇宙の似姿」
草花の雫からびわ湖まで
「水」について感じた事を写します。
フィールドは主にびわ湖の湖西
最近は殆ど家の庭で撮っています。
たまにアート・デザインについても語ります。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR