FC2ブログ

Entries

変化する流れ 鴨川

troubledwater_3.jpg




台風12号一過の鴨川、三条大橋近く






大量の水がゆったりと流れています。
それが障害物(草)にあたって流れが乱れました。

ここの水の動きは、無数の小さな渦でできています。
無数の渦は複雑な動きをしているため水面が乱れました。






hagirakka.jpg


鴨川河川敷の石垣と、台風の風で吹き寄せられた萩落花



関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://wateeern.blog.fc2.com/tb.php/137-5459dfa4

トラックバック

コメント

[C308]

こんにちは。
nionさんの追いかける大きなテーマ、
いつも感心して魅せていただいています。
今日の鴨川のお写真が、新鮮な気がします。
私なら、こういう発想でとることはないと感じました。
青と黒の2色にnionさんの思いが入っているように思いました。
次のお写真も2色ですね。いいなあー。
  • 2011-10-05 14:18
  • ☆takasegawa☆
  • URL
  • 編集

[C309] 鴨川

鴨川というと、司馬遼太郎の「新選組血風録」がどうしてもイメージとして浮かんでしまう陰陽師です。
司馬遼太郎ファンとしては何度も読み返した大好きな歴史小説なのです。
NHKの新選組血風録は、たいしたことなかった... 原作の素晴らしさが伝わってきません。(つд`)
何でも写真の題材としてしまわれる着眼点や感性に脱帽しました...
機会があれば加えて瀬田川や、愛知川などの、ご地元の川も水の表現として、是非よろしくお願いします。

[C310]

こんばんは。
1枚目は、斜光の様に見えるので、朝か夕方でしょうか?
水面の感じが印象的です。
私も、長良川の近くに住んでいるので、
こういう川の写真を撮らんと、いかんなあと思うんです。
でも、身近過ぎて、その気にならないんですよ。
2枚目は、デザインですね。
花弁の質感とか、石の質感の描写が、
私の好きな絵です。
  • 2011-10-05 22:17
  • om4ti
  • URL
  • 編集

[C311] ☆takasegawa☆さま

こんばんは♪
何でも水にかこつけて観察してしまう毎日です。
こじつけもあるんで、「それはウソやろ」と笑ってお見過ごし下さいね。
この日はたまたま、濁った水に青空が映っていました。
いつもと違う鴨川に胸騒ぎがしたところをパチリ。
コメントありがとうございました(^^)



[C312] 陰陽師さま

こんばんは♪
陰陽師さんはしばりょうさんファンでしたか。
私も今、司馬さんの「大徳寺散歩 中津宇佐の道」を読んでいます。
育った地なのに知らないことばかりです(^▽^;)
陰陽師さんに課題をいただいたので、滋賀の川を撮りに行きますね(^^)
まずは、近所の川に挑戦しましょう。

[C313] こんばんは

川の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。
同じように見えてても、同じじゃないんですよね。
私も水面の写真はよく撮りますが、メインはそこに映り込んだ世界なんで、川の流れに視点を向けた点が新鮮に感じました。

[C314] om4tiさま

こんばんは♪
撮った時間はちょうどお昼前でした。
北側だけに青空が出て川面に映っていたところでした。
身近過ぎて写真に撮れないのはよくわかります(^^)
それでも、長良川の写真を楽しみにしてますね。
ここの写真はIXYで撮ってます。
私自身、花の質感が思いがけなくて驚きました。
コンデジってスゴいですね。

[C315] Toshiさま

こんばんは♪
方丈記ですね?
古典を思い出させて下さりありがとうございます。
最近、水の形態に興味があるのです。
ですから、写真もそればっかりです(・・;)
いつまで続くやら、です。
水面写真は、もうひとつの世界があるようで私も好きです。

[C316]

ほんとうに、鴨川というのは、穏やかな川なのに、と思いこんでますが、こういう一面があるのだなあ、と。そして、それ(いつもと違う)に、いつもとかわらぬ穏やかな青空が映っているシーンが
なんだか不思議な気持ちがします。

そして、下のお写真はまた、すばらしい。
ふつう見過ごしますよね。
瞬間、何かの額絵をお撮りになったのかと
思いました。

[C318] 茜紫さま

おはようございます♪
最近の鴨川は、私の子どもの頃に比べて水質がとてもよくて
子どもが水着で遊んでいるのをよく見かけます。
穏やかな街の風景に馴染んでいて微笑ましいです。
でも大雨が降ると景色が一変するんですね。
どこの川もそうであるのを思い知った今夏の鴨川でした。

台風の風と盛りの萩というシチュエーションが
面白い図を描いてくれました。
咲いている枝よりもきれいでした(^^)

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

nion

Author:nion
「水は宇宙の似姿」
草花の雫からびわ湖まで
「水」について感じた事を写します。
フィールドは主にびわ湖の湖西
最近は殆ど家の庭で撮っています。
たまにアート・デザインについても語ります。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR