FC2ブログ

Entries

落柿

kaki_9_26.jpg


「水のうつわ」





rakushi.jpg
(adobe Bridgeのプレビュー画面をスクリーンショットした画像)


8月19日から9月17日まで
落下した柿を撮り続けました。

9月20日頃にひっくり返してみたら
果皮しか残っていませんでした。

それから1週間、
そのまま放っておいた柿は、
雨水が溜まって水のうつわになっていました。









柿がころころの次は、これ。
どんぐりころころです。

111008_143246.jpg


京都紫野大徳寺の石畳で。
携帯写真です。






続きがあります。
近江八幡で撮った変写真です。
柿、どんぐりときて・・・バラバラですが。
hatiman.jpg



電信柱が斜めになっているのが気になって撮りました。
真っ直ぐの電信柱のつっかえ棒のように立っていました。
後ろの建物は、ボーダレス・アートミュージアムno-maの西側面です。




関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://wateeern.blog.fc2.com/tb.php/143-a4673d1d

トラックバック

コメント

[C370]

おはようございます。
nionさんは、グラフィック関係のお仕事をされているのでしょうか、
今日の写真は、そのイマジネ-ションの豊富な御片鱗を感じます。
柿の経過写真などは、もう、及びもつかない発想で、敬服いたしました。
そこに、水を観る眼、、、、、、。
今日は、物凄い絵を観して頂きました。
最後の絵は、全然、変写真じゃ無いですよ、
これが変なら、
私の写真は、全部、変写真です。(^^)

  • 2011-10-12 08:42
  • om4ti
  • URL
  • 編集

[C371]

おはようございます。
nionさんは湖西にお住まいなら、近江八幡はちょっとだけ遠いですね...(´∀`)
陰陽師は、湖西から湖北にかけての、ゆったり、のんびりした風情がとても好きです。
太陽に雲がかかって、雲の隙間からの光が光芒となり、竹生島に降り注ぐ...
そんな風景を、勝手に想像してしまう陰陽師です。

nionさんは太陽の道(御来光の道)という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
春分、秋分の日には太陽がほぼ真東から昇り真西に沈みますが、このラインを太陽の道と呼びます。
すなわち、千葉県玉前から島根県出雲大社を結ぶ直線で、その線上には富士山頂、七面山、竹生島弁財天社、日室岳、大山大神山神社など、名だたる聖地が並んでいます。
陰陽師のヨタ話でした... ┐(´ー`)┌

[C373] om4tiさま

ものすごく誉めていただいて、朝から気分が高揚しましたヽ(*^^*)ノ
同じポジションで撮り続けるのは以前からのテーマで、
時と季の変化を追ってきました。
今回の柿は、自分自身を重ねあわせたりしてます。
「わたしはこの辺の状態かな?」(9月入ってからのね)
仕事はグラフィックデザインの仕事をのんびりとしています。
でも、何周もの周回遅れでしている状態です(ー。ー)フゥ
変写真じゃないですか?そ、かな〜
om4tiさんの写真は厚みがあります。
私はそこに惹かれています。

[C374] 陰陽師さま

おはようございます♪
近江八幡へは、通勤で近道を知っている夫が案内してくれたので
すぐに着きましたよ。
秋の平野をのんびりドライブ堪能しました(^^)
陰陽師さんもぜひこの秋にお出で下さいね、空も表情豊かです。

「太陽の道」は知りませんでした。
体に組み込まれているのに気付かないでいるエネルギーを
太陽の道が喚起してくれるかもしれませんね。
聖地であることに気付いた古代人の感性を呼び戻したいです。

[C375]

こんにちは。
1つの柿の実の一生を追いかけてみる、この発想が素敵ですね。短い時間では変わり映えのしないか柿を日を重ねるという長い目で見るとこんなに面白いのですね。水のうつわもどこかの凄い陶工が創ったかのように感じます。

続きのお写真、好きですね。私は、このお写真面白いなと思いました。直線だけで構成されている
建物の壁に斜線が入るとがらりと雰囲気が変わりますね。何が斜線の先にあるのかなって思いますよ。
  • 2011-10-12 15:25
  • ☆takasegawa☆
  • URL
  • 編集

[C376] 凄い描写!

nionさん、こんばんは♪
一枚目の写真を見て凄い描写に息をのみました。
これほどのモノを観察する眼、ホントに凄いです。
はじめに上の「落柿」といタイトルをずらしていきなり写真を見てしまったので、思わずハッとしました。こういうモノを見据える力、そして、ナンデもないような落ちた柿を見続け追い続ける眼はやはり芸術家の目ですね。

[C377] ☆takasegawa☆さま

こんばんは♪
ひとつの柿を撮り続けるということは
庭掃除を怠っているということでもあるのですが(^▽^;)
「水のうつわ」はひっくり返したときギョッとしたんですよ。
空っぽでしたから。
汚いとか思えない完成度でした。

斜めの線は町中で見て新鮮でした。
でも、なんの意味があるんでしょうね。
美しい町並みよりも、強くいざなわれてしまいましたよ(^^)


[C378] ひつじ草さま

こんばんは♪
そんなに凄いですか?そうですか(・・。)ゞ
これをアップしたら「汚い写真!」って言われるかなと思ってたんで、安心しました。
あまり誉められると明日のアップが困ります。
リキいれるときと抜くときとで、明日は大いに抜きます(^^)

[C379] こんばんは

トップの写真を見たとき、なぜこれが柿?どうして水の器になったの?って思いました。
1ヶ月以上かけた大作だったんですね。
コマ送り写真は花とか枝になってる実とかで見たことがありますが、落柿とは発想がユニークですねー。
落柿の命を糧に周りの雑草が成長していく、なんだかドラマみたいです。

[C380] Toshiさま

こんばんは♪
雑草って伸びるのが早いんですね、自分の写真みてびっくりです。
生き物の成長と循環は思っている以上にめまぐるしいという印象を持ちました。
ですからひと月は短いと思いました。
時間経過の早さにはちょっと焦っています(^▽^;)

[C382]

携帯で拝見していて、何々????
パソコン画面でわかりました!!
みなさまおっしゃるように、これは感性のなせる業……視線、視点がほんとうにおもしろいです。
一か月後にくるり、とひっくり返したときの
驚きと感動が伝わってきます。

で、大きな写真だとわかるのが、中に水がはいっていて、そこをのぞいているんですね。
それを撮って伝わるのがすごいなあ。

プレビューのスクリーンショットはもう完全に
デザインですね。
秋の作品、お見事でした!

[C386] 茜紫さま

いや〜〜もうどうお返事したらいいのか(^▽^;)
ブログ始めて良かったと思った一日でした(^^)

スクリーンショットで経過を伝えるという方法に行き着くまで
いろいろと考えたんですが、
端的に1枚の画像にまとめられて
それぞれのタイトルも出るということでこれにしました。
頭を使った甲斐がありました。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

nion

Author:nion
「水は宇宙の似姿」
草花の雫からびわ湖まで
「水」について感じた事を写します。
フィールドは主にびわ湖の湖西
最近は殆ど家の庭で撮っています。
たまにアート・デザインについても語ります。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR