FC2ブログ

Entries

螺旋

whitehiganbana_old_1.jpg




白い彼岸花の終わりに

しおれた雄しべ



whitehiganbana_old_3.jpg



雄しべの管中は螺旋構造

螺旋が何を運ぶ為のものか知らないけれど
水の特性が螺旋や螺子の形態になることを考えると
これは水を運ぶものと考えます。



whitehiganbana_old_2.jpg






私が大好きな元永定正さんが亡くなられました。
もーやんという愛称で多くの人に愛された画家でした。
飄々とした仕草、ユーモアたっぷりの話し方、大きな体、
そこから生まれた作品の楽しいこと!

とてもとても寂しいです。




スティーブ・ジョブズさんも亡くなられて
やはり穴が空いたような気がします。

Performaの時からMacを使い初めて長くなりました。
日進月歩についていけなくってきた最近ではありますが。

同年代として、心から誇りに思います。
そして私の人生を豊かにしてくれたことを感謝します。



お二人のご冥福を心からお祈りします。







関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://wateeern.blog.fc2.com/tb.php/145-488dfa97

トラックバック

コメント

[C325]

こんにちは。
ジョブズさんの死を聞いた時、
ジョン・レノンの死を聞いたときのショックを思い出しました。
偉大な才能が、突然に無になる。
誰の死でもそうですが、
何かしらを引き継ぐ事が、大事なのでしょうね。

おしべの螺旋構造は、何だか生々しくて、
ある意味、ちょっとショックな絵です。
こんな風になってたの?って感じです。
  • 2011-10-07 17:13
  • om4ti
  • URL
  • 編集

[C327] om4tiさま

「偉大な才能が、突然に無になる」まさにそれです。
今はそれ以上のことばがでてこないです。

螺旋構造、私も見ては行けないものを見たという気持ちがしました。
反面、へぇーと感心しました。
ここにアップするのをどうしようかと少しばかり悩みましたが、
結局、おもしろいかなと載せてみました ヾ(- -;)

[C328]

こんばんは。
nionさんはMac使いでしたか...
陰陽師は最初に購入したPCが、9インチモノクロ画面のSE30でした。
アクセラレータを挿入しカラー化して、14インチモニタに繋いで使っていました。
当時、DeskWriterというHPのグレースケールのA4インクジェットプリンターが20万円近くもしました。
もう20数年も前の話です。(´ー`)

[C329]

螺旋のカタチ、アップしてもらってありがたいです。
自然の不思議をおもしろがるのはいいことだと思います。
人間は4%の世界しか見えてないらしい。

荒川修作は、死ぬのではなくてただ消えるだけだといっていた。

[C330] 陰陽師さま

おはようございます♪
私がMacを購入したのは20年にはならないかなと思います。
高価なモノクロのレーザープリンタを含めて痛い出費でした。
機械オンチにしてみれば清水の舞台から・・です。
それなのに!未だに機械オンチです(:_;)
陰陽師さん、うちの近所に引っ越してくれませんか?
困ったときにすぐに「これどうするん?」と尋ねに行きますから( ^∇^)

[C331] はっぱさま

おはようございます♪
4%しかないのですか?
いや、私ならもっと少ないでしょうね。
たくさんの人に教えてもらって、手伝ってもらって、今現在ですもの。

荒川さんは理解不能です、という程作品を見た訳では無いのですが。
消えるのは、生物学的に死ぬということかな?
養老天命反転地に行けば少しはわかるかしら?

[C334]

付け足しです。
消えるというのは、またいつか見えてくるということでは?
8月にみたドキュメンタリー映画「死なない子供、荒川修作」のラストに「一万年後にまた会おう」と書いてありました。
とても無理だとは思いますがね。

水滴のように、消えたり現われたりできればいい、、、。

[C335] はっぱささま

「見えてくる」でますますわかんなくなりました。(・・;)
でも、その映画を見たいなと思っていたところでした。

一万年後にどこで会うのでしょうか。
思いがあれば、どこでも会える?
身が宇宙の塵になっても、
塵の一粒が再び命あるものとして生まれられたら奇跡的だなと思います。

[C344]

彼岸花の萎れた白い雄しべ、ハットしてどきっとして見入りました。哀しいけれど美しいです。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

nion

Author:nion
「水は宇宙の似姿」
草花の雫からびわ湖まで
「水」について感じた事を写します。
フィールドは主にびわ湖の湖西
最近は殆ど家の庭で撮っています。
たまにアート・デザインについても語ります。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR