Entries

道路沿いの帰化植物

ニワゼキショウ

琵琶湖岸を走るさざなみ街道沿いには、
色々なかわいい花が咲いています。

車を走らせながら赤や紫色が視覚に入ると、ついつい見てしまって危ないです。

この花はよく見かけるニワゼキショウです。
枯れたカラスノエンドウの中で咲いていました。

アメリカテキサスからやってきた花なんですって!?




セイヨウヒキヨモギ

セイヨウヒキヨモギです。
ゴマノハグサ科の花の形だなと思い調べたら、的中しました。
さすが、私!ヾ(ーー )ォィ
(体系によっては、ハマウツボ科で分類されます。)

1973年に千葉県で発見されて広がった、ヨーロッパから来た花です。


ヒナギキョウ

ヒナギキョウです。
キキョウ科のかわいい花。

キキョウソウに似ていますが、
こちらの方は、頭頂部に1個だけ咲いてやさしい感じです。



マンテマ

赤い色が血の色にも見えるマンテマの花です。
フクロナデシコの種類です。

道路沿いに群生しているとちょっとビックリする色ですよ。

この花の近くには白や桃色の花も咲いていました。




イヌコモチナデシコ

花が咲いていないですが、ナデシコの小さい花がつきます。
イヌコモチナデシコあるいはコモチナデシコで、面白い命名は花姿にピッタリかも。



ヒメジョオン

もうお馴染みの、ヒメジョオンです。


外来植物の中には、観賞用に輸入されたものも多くて、
今、かわいいからと園芸店で売られている花も、
庭から逃げ出して、道なりに旅行していくこともあり得るんですよね。
それも増殖しながらの旅ですから、
手間をかけなくても育つ園芸植物の扱いには、注意が必要なのかな…。



関連記事
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

nion

Author:nion
「水は宇宙の似姿」
草花の雫からびわ湖まで
「水」について感じた事を写します。
フィールドは主にびわ湖の湖西
最近は殆ど家の庭で撮っています。
たまにアート・デザインについても語ります。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR