Entries

しわしわ

梅干し


今年も梅干しを10キロ漬けました。

ふっくらしていた梅が、連日の熱暑でしわしわとなりました。
つまり水分が抜けたということですね。

私のお肌も…ということは、横に置いておいて。
庭干しの梅干しとは反対の、家の中でしわしわ現象を見つけました。



階段下の襖の貼り替えをしました。

古い古い家では建て付けが悪くなって、押しても引いても襖は外れず
どうにかなるやろ!とはめたままに張り替えてみました。
(ちゃんとしたやり方なら、黒い枠を外してからするのですが)

まずは、古い紙をべりべりと剝がしました。
すると一体いつの時代の襖なのか、ものすごくくろずんだ前回の襖紙が現れましたが、
それは剝がさずに、その上に新しいのを貼ることにしました。


fusumahaari_1.jpg

新しい紙に水をローラーで塗ると、紙は水を含んでしわしわに。
ん??
梅干しと反対ですね。

それを精一杯背伸びして上から下へ向けて貼っていきました。
汗が吹き出ます。

さすがの暑さですぐに糊が乾いて来て、難なく貼ることができました。

fusumahaari_2.jpg

すこし傷しわがありますが、多分大丈夫でしょう。
ここで、買い物に出かけました。

fusumahaari_4.jpg


帰宅後、
わ〜〜い、きれいに貼れてる(^^)




水分が抜けてしわしわになった梅干しと、
水分が抜けてしわがとれた襖と、
理由がわかっていても、面白いなぁと思う私なのでした(^^;;


この白い襖は、これから写真撮影時にバック紙代わりにもなる予感がします。




関連記事
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

nion

Author:nion
「水は宇宙の似姿」
草花の雫からびわ湖まで
「水」について感じた事を写します。
フィールドは主にびわ湖の湖西
最近は殆ど家の庭で撮っています。
たまにアート・デザインについても語ります。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR