Entries

雫を捧げて 3

higanbana_15_9_17_7.jpg



higanbana_15_9_17_8.jpg



higanbana_15_9_17_9.jpg



higanbana_15_9_17_10.jpg



higanbana_15_9_17_12.jpg


睫毛にためた涙かな。



この色の彼岸花は、今年は数本だけでした。
石と石の間で球根がぎっしりとつまり過ぎているのが原因でしょう。




無事、展覧会が終わりました。
いい加減な設置方法をとった為、1枚パネルが落ちました(^^;;;;;
猛省してます。

大きさだけが取り柄?の作品でしたが、
感想を寄せて下さる方もいらして感謝しています。

会場には、学生時代からお会いしてなかった人が、素敵な奥さんを連れて来て下さって
これから新しいおつきあいができるのがとてもうれしく思います。

最後は、背の高い若い友人が搬出を手伝ってくれて、
ちびっこおばさんの私を感動させてくれました。

2日間しか会場にいけませんでしたが、とても心に残る日々となりました。



関連記事
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

nion

Author:nion
「水は宇宙の似姿」
草花の雫からびわ湖まで
「水」について感じた事を写します。
フィールドは主にびわ湖の湖西
最近は殆ど家の庭で撮っています。
たまにアート・デザインについても語ります。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR