Entries

マキノ町白谷

今日は、大量に写真があります。
siratani_15_12_30_10.jpg

白谷荘です。
文化庁登録有形文化財に登録されている、築250年の茅葺の古民家。
歴史民族博物館、民宿、酒屋さんと色々な顔を持っています。
元々は、庄屋さんで、昔は地域のお役所や銀行等、色々な役目を担っていたそうです。
伺った時、鍵を閉めておられるところでしたが、快く中を見せて下さいました。


siratani_15_12_30_5.jpg

3階の「つし」
実は、我が家もこんな風なつしです。


siratani_15_12_30_7.jpg

囲炉裏の煤で黒くなっている壁です。



siratani_15_12_30_8.jpg

「顔に見えるもの」の代表株ですね(^^)

色々な民具や農具が陳列してありました。
うちの家にもほこりをかぶっている農具が、ここにもありました。



siratani_15_12_30_9.jpg

ここを維持していく為と、500円の入場料を払いましたが、
維持するにはとても足りない金額でしょう。
茅葺きを葺き替えるだけでも大変な金額になりますから。

古文書や古い教科書もたくさん保管されていて、
あちこちの大学からも研究に来られるそうです。

とても丁寧なお話しで案内して下さった方に、お名前を尋ねると、
(前記事でも書きましたが)この日の朝亡くなった私のおじさんと同じ名字でした。
ちょっとびっくりしました。

温泉から上がって来た男達から「上がったよ〜。」と電話がかかってきました。
年末の30日に訪れた私たちを案内して下さった白谷荘の方に
お礼を言っておいとました。


siratani_15_12_30_11.jpg

白谷荘の隣りの建物です。
手入れができずに、崩れています。
一ヶ所雨漏りしたのを放置したら、あっという間に崩れたそうです。



siratani_15_12_30_12.jpg

樹齢500〜600年のやぶ椿の木です。
夫婦椿です。



makino_15_12_30_5.jpg

湯気が出ていそうな男達と合流して、
白谷の隣りにあるマキノ高原スキー場に行きました。
見ての通り、雪はありません。

でも、寒かったです。


makino_15_12_30_3.jpg



makino_15_12_30_2.jpg

日帰りの旅ですが、知らない土地を訪れて得る感覚や

makino_15_12_30_1.jpg

懐かしい人、初めての人に出会ったりする喜び、

makino_15_12_30_4.jpg

そんな瑞々しい感動を得られました。



makino_15_12_30_6.jpg

帰途、また虹がでていました。




関連記事
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

nion

Author:nion
「水は宇宙の似姿」
草花の雫からびわ湖まで
「水」について感じた事を写します。
フィールドは主にびわ湖の湖西
最近は殆ど家の庭で撮っています。
たまにアート・デザインについても語ります。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR