Entries

13日の朝

surise_16_1_13.jpg

2階の窓から。
起きたときは鮮やかな朝焼けにびっくりしました。
すぐには撮れなくて、とうちゃんに行ってらっしゃいをしてから撮りました。
明るくなっていましたが、それでもこんなにきれいでした。

私の家がもう少し高台にあれば、琵琶湖を入れた朝焼けが撮れるのにな。
出不精の寝坊では、お隣の屋根しか写せません(^^;;



neko.jpg

暮れから、うちの下駄箱の上にいる猫さん。

道の駅「藤樹の里あどがわ」で購入しました。


taku_15_12_31_5.jpg

作者の工房に、10年程前に偶然伺ったことがあります。
山の中の小さな手づくりの工房に、奥さんとふたりで暮らしておられました。

そのとき、「貧乏もまたええもんやで」とおっしゃったことが忘れられません。
私は、そのことばにものすごく反発心を抱きましたから。
反対に、うちのとうちゃんはすごく共感していたようでした。
男女の違いからでしょうか。

残念ながら、最近お亡くなりになったと聞きました。
好きな陶芸をして人生を全うされたんでしょうね。
だって、猫の姿を見ていたら、ほっとしますもの。


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

nion

Author:nion
「水は宇宙の似姿」
草花の雫からびわ湖まで
「水」について感じた事を写します。
フィールドは主にびわ湖の湖西
最近は殆ど家の庭で撮っています。
たまにアート・デザインについても語ります。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR