FC2ブログ

Entries

空中に這う

aerial_2.jpg



空中回廊に這う蔦



aerial_4.jpg



11月5日に滋賀県と岐阜県の県境に聳える伊吹山方面に行きました。

写真は、伊吹山中腹の採石場から伸びているベルトコンベアーです。
建物の中で砕石が運ばれているのが破れた窓から見えました。




aerial_3.jpg



aerial.jpg



雨がどんどん降ってきました





続きに雨に煙る霊峰をおさめました。



伊吹山


関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://wateeern.blog.fc2.com/tb.php/178-b91019d6

トラックバック

コメント

[C614]

こんにちは。
伊吹山は大抵夏に一度は行きますが、このような所もあるとは知りませんでした。いつもきれいな山頂だけを見ていました。
空中に這う…、というタイトルにドキッとしました。

[C615]

こんばんは。
1枚目は、不思議な絵ですね。
私は、こういう絵は好きです。(^^)
砕石を運搬するのに、ダンプではなくて、こういう施設を使うのは不思議ですねえ。
役所に聞いて、調べたくなりました。
高速道路を走ると、「関ヶ原砕石」という大きな看板が見えますが、
ひょっとして、その関係の施設でしょうか。
世の中には、理由は有るのだろうけど、
第3者には訳のわからない物は、
探すと一杯あるものです。

  • 2011-11-07 18:33
  • om4ti
  • URL
  • 編集

[C616] ひつじ草さま

こんばんは♪
伊吹山へ毎年行かれるですか、いいですね。
私は琵琶湖対岸から見るだけで下まで行ったのも初めてでした。
雨がじゃんじゃん降ってきて、風邪をひいて帰ってきました。
空中回廊が這う虫のようでもあったし
そこにはびこる蔦が這うのも不思議だったのです。

[C617] om4tiさま

この場所は伊吹山の西北の方角にあります。
調べたらセメント会社の持ち物でした。
異様な風景でギョッとしましたが、
屋根のある高架道路みたいなものと考えてみました。
質はずいぶんと落ちますけど。
ちょうど道路の融雪装置の実験をしていて
雪深い町なんだなと思いました。
ベルトコンベアーはそのことも関連しているのかもしれません。
om4tiさんのおっしゃるとおり、訳のわからないことでも、
何か理由があるもの。
それを推理するのは結構好きです(^^)

[C618] nionさん

1枚目の写真 何だかとても不思議な感じがします!
何かと思えばベルトコンベアーだったんですね
4枚目の写真は
いったい何処まで続いているんろう?
と思うくらい凄く奥行きを感じる構図でいいですね!!

[C619] toshiさま

こんにちは♪
ベルトコンベアがどこまで続いているのか
対角線にして、画面に入れられるところまで入れました。
何キロ続いているのか山里でこんな光景を見るとは思ってもみなかったです。

[C620]

やっぱり、これってどうなってるの?? って思いました(笑)
世の中には見たことがないものってたくさんあるわ!
そして、どうして空中につたが???
根は、とたんにはっているのかしら??
そして、水は、水滴とか、雨とか??

不思議です~~~~
  • 2011-11-08 11:45
  • 茜紫
  • URL
  • 編集

[C621] 茜紫さま

蔦の元は橋脚の下からだと思います。
ちょっとした土でも植物は芽を出すので
建物のすみっこに積もった土ぼこりに根を張っているかもしれませんね。
橋脚がなければ、ほんとに空中に這う回廊なんですけど(^^)
ちょっとラピュタの鉱山を思い出しました。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

nion

Author:nion
「水は宇宙の似姿」
草花の雫からびわ湖まで
「水」について感じた事を写します。
フィールドは主にびわ湖の湖西
最近は殆ど家の庭で撮っています。
たまにアート・デザインについても語ります。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR