Entries

テルボの建物

今日は、写真枚数が多いです。
terubo_17_3_4_1.jpg

西の湖の水郷の傍、近江八幡市にある商業施設です。
宮崎駿さんのアニメにでてきそうな形です。
ちょっと不思議なので、写真に撮って帰りました。


terubo_17_3_4_2.jpg

家に帰ってから調べたら、やっぱり藤森輝信さんの設計でした。

藤森輝信さんと言えば、私にとって野生児「テルボ」のイメージと
有名なタンポポハウスから後が無かったので、
最近の作品は知りませんでした。

自然派建築家ですものね。

いつもの私らしく、建物全体の写真が全くなくて…(^^;;




terubo_17_3_4_3.jpg

上写真の建物内の天井。



terubo_17_3_4_7.jpg






terubo_17_3_4_5.jpg

私の好きな元永定正さんの絵にも似てる(^^)




terubo_17_3_4_6.jpg

回廊の内側には、水田があります。
古代米のライスコロッケをここで食べましたので、
素材は自家製なんでしょうかね。


terubo_17_3_4_4.jpg

回廊の天井。


terubo_17_3_4_9.jpg

このゴミ入れ、欲しいな(^^)


terubo_17_3_4_8.jpg

この植木鉢も欲しいな(^^)



door_17_3_4.jpg

トイレのドアです。
ペーパーホルダー等、トイレ内の金属の仕上げは、全部こんな感じでした。



建築家藤森輝信さんの本「たんぽぽの綿毛」を若い頃に読みました。
藤森さんがテルボと呼ばれていた子どもの頃の体験話です。

とんぼはまずいとか、チョウチョは羽根をしごいてから食べるとおいしいとか
読んでいる自分の口の中が気持ち悪くなるようなお話しが特に有名な部分です。
そんな子どもの頃の体験が、自然派建築に繋がっているということでしょうね。




関連記事
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

nion

Author:nion
「水は宇宙の似姿」
草花の雫からびわ湖まで
「水」について感じた事を写します。
フィールドは主にびわ湖の湖西
最近は殆ど家の庭で撮っています。
たまにアート・デザインについても語ります。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR