Entries

猫さんと遊ぶ

IMG_2629.jpg

たまに行くスーパーマーケットに行った折り、隣りにある公園にふと寄ってみました。
ちょうどこの時期に、次男が幼い頃に遊びに来た思い出があります。

この木の辺りで、夕陽に輝くまん丸の顔をした次男を撮りました。
とてもかわいくて食べちゃいそうでした(^^;;

そんなことを思い出しながら、カメラを向けていたら、ニャァニャァと猫さんの声が。
「お、そこですか!」
景色にとけ込んでいるからわからんかったやん。


IMG_2638.jpg

私も猫語で挨拶をしたら、猫さん、飛ぶように私の元へ。
まとわりついて離れません。



IMG_2639.jpg

せっかくなので写真を撮ろうとしましたが、接近すぎです。
しまいに抱っこしてくれ〜とばかりに上ってきました。
だけど、猫アレルギーという程では無いのですが、咳が出るのであまり密着できません。


IMG_2641.jpg

私が立ち上がると、
「なんや!抱っこしてくれへんの!」と文句言っておられるようです。
それとも、「けちんぼ!ごはんくれへんのか!」かな?
(立ち上がったから、警戒したのかも)


IMG_2643.jpg

猫さんの抗議に対して、適当に返事していると
「やっぱり、かまってくれ〜」と近づいてきました。

「かんにんな。何にも食べるもん持ってへんねん」
すると、賢い猫さんは、かまってもらえないのがわかったとみえて、
文句いいながら離れて行ってしまいました。


IMG_2650.jpg

ドウダンツツジが、次男との思い出を誘います。

IMG_2655.jpg

ホロリとしそうでした。





IMG_2645.jpg

私がまだ居るのに気付いた猫さんが、
よほど未練があるらしくて、遠くのほうからとことこと走ってきました。



IMG_2646.jpg

IMG_2647.jpg

IMG_2648.jpg

IMG_2649.jpg

猫さんツンデレ。
またまたすり寄ってくるんかなと期待させておいて、
手前で90度に曲がって行かれました。

「おいおい、猫さん、きいひんのかい!」




関連記事
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

nion

Author:nion
「水は宇宙の似姿」
草花の雫からびわ湖まで
「水」について感じた事を写します。
フィールドは主にびわ湖の湖西
最近は殆ど家の庭で撮っています。
たまにアート・デザインについても語ります。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR