Entries

挿し木で育てた紫陽花

gakuazisai_18_6_10_3.jpg

私が育てている紫陽花は、挿し木で増やしているものが多いです。

このピンクのフリルがかわいい紫陽花は、
実家の近所のおばあちゃんからもらったひと枝を、挿し木にしたものです。


gakuazisai_18_6_10_2.jpg

挿し木にすると、翌年は大きい花を咲かせます。



gakuazisai_18_6_10_1.jpg





azisai_18_6_10_2.jpg

これは、大原の里の駅で購入した紫陽花の花束を挿し木にしたものです。
色々な種類があったのですが、この色だけがうまく根付いてくれました。


gakuazisai_18_6_10_4.jpg

これは随分前にもらった鉢植えから挿し木したものです。
今年は花が小さくなりました。
植え替えの必要があります。


yamaazisai_18_6_11.jpg

この花は、どうやら七段花という紫陽花のようです。
大原里の駅で、切り花で購入したものを、試しに挿し木にしたら根付きました。

ただの山紫陽花だと思っていましたが、
江戸時代にシーボルトが持ち帰ってからこの花を見た者がなく、
1959年に偶然、六甲山で発見されたといういわくつきの花でした。

とても小さな紫陽花で、
両性花が退化して落ちてしまうのが特徴です。




挿し木、とても楽しいですよ(^^)v
そのうち水の森紫陽花園ができるかも。


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

nion

Author:nion
「水は宇宙の似姿」
草花の雫からびわ湖まで
「水」について感じた事を写します。
フィールドは主にびわ湖の湖西
最近は殆ど家の庭で撮っています。
たまにアート・デザインについても語ります。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR