FC2ブログ

Entries

ゆき

雪結晶




六花 





氷の結晶が六角形だから
雪も六角になるらしい。


この結晶は、氷というより砂糖や塩をまぶしたみたいやね。


続きに、落ち込む話しを書いています。
12月に生死を分ける病気から生還した義父でしたが、
今月10日に又別の病気で手術を受け、
今は麻酔をかけられた状態のままでいます。

真っ白な病室で意識なく眠る義父を見舞うのはとても辛いことです。
その気持ちを抱えながら、40分かけて帰途につきます。
これから書く事は、帰途に運転しながら思い出したことです。


4年前、私の父に治らないガンがわかったとき、
私は毎日のように実家に向かいました。

ちょうど今の季節で、
京都までの道は雪が多くてうんざりしました。

ある日、京都からの帰り
京都市と大津市の境目にある途中越えという長い登り坂で
とても怖い目に遭いました。

その日もとても寒い日でとても細かい雪が降っていました。
私が新雪を踏みながらそろそろとその坂を運転していると
強い風が急に吹きました。

風は、両脇の山に植えられた杉や檜から粉雪を一斉に吹き飛ばし、
その瞬間に私を真っ白な世界に閉じ込めてしまいました。

私は、不透明な白の絵の具の中に入り込んでしまった
そんな恐怖に襲われたのです。

対向車のヘッドライトすら見えない中、
スリップを避けるため止まる訳にもいかず、
かといって脱輪するのもこわい、
前に進めばダンプカーとぶつかるかもしれない
どうすればいいのかわからない時間がどれだけ続いたか・・・

実際は5分も無かったのかもしれませんが
その時の時間は途方も無く長い気がしました。
その間、「こんなところで死んでたまるか。」と叫んでいたと思います。

やがて木々の粉雪が落ちきって視界が晴れたとき
まず、ものが見える喜びが沸き上がり、
その次に命拾いした安堵感でいっぱいになりました。

今でもありありとその時の感情を思い出すことができます。



真っ白な世界、
それはとても怖い世界です。
闇の世界とは違う恐怖感を感じます。

私がこのことを思い出したのは
今現在義父が入院しているICUが余りにも白い空間だからです。

白い空間の中で寝ている義父は
何か聞こえているのだろうか、
ひょっとしたら看護士さん達や医師の声が
遠いさざめきのように聞こえているのだろうか、
白い部屋は義父の瞼に明るい光をもたらしているのだろうかと
いろいろ考えます。



白い部屋に
春の明るい日差しを感じてくれたら
或いは雪片がちらつく庭を見ていてくれたら
義父の快癒する力になるかもしれない。
そんな希望を持って、
気管挿管が抜かれる日を待つ毎日が過ぎていきます。



気しんどい話しを最後まで読んでいただきありがとうございました。


関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://wateeern.blog.fc2.com/tb.php/258-7e1fdcd8

トラックバック

コメント

[C1047]

最近コメント欄が開いてなかったのでどうしたのかな?
と思っておりましたが、心配ごとがおありだったのですね・・・
お義父様、早く回復されることを祈ります。

それにしても白の世界に閉じ込められたお話が怖いですね~

雪道などは無縁な私ですが、何年も前珍しく雪が積もった年がありました。
気を付けて運転したつもりだったのですけど、スリップしてしまい小さな川ではありましたが車が半分川の上な状態になって怖い思いをしました。

雪のないとこに住んでて良かった・・・・正直な感想です。
それにしても九死に一生って感じの体験でしたね~
ほんとご無事で何よりでした。

ちなみに六花ちゃんって犬が昔うちにいました(^^ゞ


[C1048] 遠くから応援しています!

おはようございます。

ガラス細工のような雪の結晶、とても綺麗!!
いろんなことを抱えながら、この澄んだ写真をアップされたんですね。

真っ白な世界に閉じ込められた経験はありませんが
本当に恐ろしい体験だった様子が良くわかります。
読み進んでいる私自身が寒気、冷気を感じたのです・・・・・。

そして、nionさんの心の優しさと芯の強さ
その両方も大きく感じ取ることができました。

お義父さま快復されると良いですね、
これからも大変な生活が続くと思いますが
どうぞお身体に気をつけてください。
nionさんを応援しています!!
  • 2012-01-15 09:49
  • wataboushi
  • URL
  • 編集

[C1049]

おはようございます。
ご心配ごとが重なりますと
気持ちが滅入ってしまいますね。
義父様が、1日も早く回復されrことをお祈りしております。
お気持ち、重々分かります。

白い恐怖体験、本当に怖いですね。
車とは違いますが、
息子が、スノーボードをしていて
新雪の中にはまってしまい
自力で抜け出すのに苦労したと行ってたことを思い出しました。はまり方の角度が悪ければ、だめだったかも・・・ということでした。

ご無事でなによりでした。

雪の結晶、形が綺麗です。自然は、素敵な力を持っています。
  • 2012-01-15 10:06
  • ☆takasegawa☆
  • URL
  • 編集

[C1050] famiさま

こんにちは♪
コメント、お心遣いありがとうございます。

車に乗る機会が多い程、危険に遇う事も多くなります。
体調や気分にも左右されるので余計に慎重にしなくてはならないのですが。
車が小川の上に出てしまうのも怖いですね。
バランスが崩れたら落ちてしまいますものね。
famiさんもご無事でよかったです。

六花ちゃんていい名前をつけられましたね
白い子だったのですか(^^)

[C1051] wataboushiさま

こんにちは♪
コメントと応援のおことばありがとうございます。

wataboushiさんや私が拝見している写真ブログの皆さんにも
様々なご苦労があると思います。
自分がこうした環境に入って初めて、
皆さんがただ単にきれいなものを撮っているのではないということがわかりました。

白い恐怖は今でも忘れられなくて
不透明絵の具の白はそれを思い起こさせるので苦手になりました。

私は強くもやさしくも無いですよ。
年を喰った分しぶとくはなったと自負していますけど(^▽^;)
長く生きると身に付く防衛手段かなと思います。

遠くの地で私を応援して下さる方がいると思うと心強いです!

[C1052] ☆takasegawa☆さま

こんにちは♪
コメント、お心遣いありがとうございます。
☆takasegawa☆さんもご家族の入院で頑張っていらっしゃいますね。
でも自分も含めて他の家族の為にも
お互いに無理をしないようにしたいですね。

雪にしても水に対しても
圧倒的な自然の力と、対して人間の弱さを実感します。
息子さんも、一歩間違えば腰を骨折したりする危険であったかもしれないと思うと、
本当に無事で良かったと思います。

結晶を何故美しく感じるのか、そのこと自体が不思議です。
素敵だと思って下さったことは、私の思いが共振したような気がしてうれしく思いました。

[C1053]

寒さが厳しいとき、病院にむかう日々の
心細さと、気持ちの持ち方が、
ほんとうにつらいことかと思います。
でも、ご家族のみなさまの思いは、きっと、
寄せてはかえす波のようなやわらか波動で、
きっと伝わっていると、私は思っています。
どうぞ、お体だけは気を付けて、ね。

真っ白な世界、それは恐怖ですね。
私は車はもう、こわくて(若いときに、いちど
交差点で事故を起こして以来、あれでスピードがあったら、死んでたかも、と思うと)乗れなくなってしまいましたが(^_^;))

スキーをしていて、風が強い日で、吹雪いてリフトがとまって、降りる途中で、突如真っ白な世界につつまれました。自分がどのくらいですべっているのか、周りに人がいるのか、方向があってるのか、
ぶつからないのか、ぶつかるほど人がいるのか、もう、何もわからなくなって、あれは恐かったです。そうしたら、なんのことはない、私はほとんど動いていなかったみたい。それでもすごいスピードで降りている錯覚を起こしました。
車ではさぞかし恐ろしかったかと思います。

おとうさまのご回復を、心からお祈りしております。
  • 2012-01-15 18:08
  • 茜紫
  • URL
  • 編集

[C1054]

お父様、少し良くなっていらっしゃると思っていました。
あなたも大変でしようが、お大事になさって下さいね。
雪の結晶、きれいです。
  • 2012-01-15 21:19
  • ひつじ草
  • URL
  • 編集

[C1055]

義父さん、はやく良くなると良いですね。
私達の年齢だと避けられないことですが。
実の親子の旦那さんよりも、
こういう場合は、nionさんの方が大変な場合が多いですね。
こんな中で、記事を書かれるのは、大変だろうなと思います。
くれぐれも、御自愛ください。
  • 2012-01-15 21:50
  • om4ti
  • URL
  • 編集

[C1056] 茜紫さま

きょうは家でゆっくりさせてもらったのでコメント欄をあけました。
するとこんなにも心のこもったコメントを皆さんにいただいてうれしくもびっくりしています。

「波動」ですか、すてきな言葉をありがとうございます。
宇宙のなりたちがゆらぎであると本で読んだところだったので
壮大なことを想像してしまいました(^^)
私の気持ちがこうして義父に伝わっているといいな。

白い恐怖を知っておられたのですね。
茜紫さんも怖かったでしょう。
スキーだと生身だから余計にこわいかもしれませんよ。
感覚が急に閉ざされたときに
どんな風に対応できるか問われたのだと今なら思えます。
生きているからこそ言えるんですけどね。

[C1057]

こんばんは。
白い色しか見えない閉ざされた空間・・
体験された方しかわからない怖さですね。
ご無事でよかった・・

お義父さま、早くよくなられることをお祈りしています。
nionさんもどうぞご自愛くださいね。
  • 2012-01-15 22:20
  • URL
  • 編集

[C1058] ひつじ草さま

コメント、お心遣いうれしいです。
ありがとうございます。
少しずつ良くなってきていたのに、又悪くなってしまいました。
今回は義父の病気でしたが、
4人の親全員の病気を初期に気付いてあげられませんでした。
4人に一番身近にいる私なのにどうして気付いてあげられないのか
人の痛みはなかなか理解できません。
それに医師も専門でないと見過ごすということもわかったのが痛いです。

「疲れたら寝る」と我がままさせて貰っていますので、私は大丈夫です(^^)

[C1059] om4tiさま

コメント、お気遣いありがとうございます。
om4tiさんは男性の立場から書いて下さっているので
成る程わかってらっしゃると思いました。
うちの夫を知っていらっしゃるの ;・・)?゚と思ってしまいました。

昔の人は我慢強いので、とことんまでいかないと助けを呼ばないです。
om4tiさんのご両親も気をつけて差し上げて下さいね。

写真を撮る、作品を作る、書く、読む、、記事をアップする等
どんなに精神的にしんどい時でも自分のバランスをとる為にします。
これらができるということは、まだ余裕があるということなのかな(゚-゚;)ウーン

[C1060] 花さま

コメント、お気遣い下さりありがとうございます。

白の世界はほんとに怖かったです。
恐怖に直面するのではなくて、恐怖に覆われるのです。
怖いものはいろいろありますけど、
この経験から、生き埋めであったり波に呑込まれたりする恐怖が
自分にもおおいに起こりうると思うようになりました。

義父もがんばってくれています。
良くなると信じています。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

nion

Author:nion
「水は宇宙の似姿」
草花の雫からびわ湖まで
「水」について感じた事を写します。
フィールドは主にびわ湖の湖西
最近は殆ど家の庭で撮っています。
たまにアート・デザインについても語ります。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR