FC2ブログ

Entries

引き寄せられ・・・る

lotus_12_8_6_2.jpg


lotus_12_8_7_1.jpg


雨上がりの蓮の葉


香川県の豊島美術館(行ったことはないのですが)の泉を思い浮かべます。


昨日、京都のギャラリーを巡ってきました。
三条烏丸から東へとことこと歩いてふと目にした案内看板。
「小森文雄展」
きゃー、小森さんが個展したはる、ラッキィと早速二階にあるギャラリーへ上がりました。

小森さんは水墨画の作家です。
会場には荒いタッチの水墨画が並んでいました。

小森さんとは30年以上昔に私が初個展したとき初めてお会いしました。
それからはずっと作品は拝見しても、お会いすることもないままでした。

それが数年前に私のグループ展にひょっこり来られて
芳名録を見て初めて「あっ、小森さんだ」って私が叫んだら
小森さんが「えっ?あんた誰?」という顔をされました。
自己紹介したら覚えてくれたはりました。

そして、昨日数年ぶりにお会いしたのでした。
ところが、小森さんは数年前の私よりも30年前の私を覚えていて
「すっかり変わったはるし、わからへんかったわ〜。」って言われました。

が〜〜〜ん、ショック!

わたし、そんなに老けた?ねぇ、いくつに見える?って聞きたくなりました。
そりゃぁ、30年経ってますもんねぇ、と言いつつショックは隠せないのでした。
でもね、小森さん自身は仙人みたいになってますよ。

帰りの市バスの中で、窓に映る自分の姿を見て、やっぱり老けたかなと思うのでした。
目は窪んでるし(野際陽子さんみたいです)しわしわだし。

ついこの間まで若かったのに、こんなにしたのは誰のせい!って
我が家にいる面々を思い浮かべる私でした。


実家に寄って、筆まめな母に小森さんの絵はがきを渡し
晩ご飯を作って滋賀の家に帰りました。

運転しつつ、「はぁ〜〜」
尾をひくなぁ。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

[C1667] 転がる水滴

ハスの葉の水滴、
撮ろうと思って風が吹くと転がるんですよねえ(笑)

人間やっぱり第一印象の方が強いのじゃないでしょうか。
初対面時のこと意外と覚えてますもんねえ。
  • 2012-08-10 13:42
  • 犬山にゃん太郎
  • URL
  • 編集

[C1668]

昨日は同窓会に足を運んでいただきありがとうございました。
そして私のブログにも訪問&コメントしていただきありがとうございます。
とっても嬉しいです♪

「水」をテーマにしたブログなんですね。
ハスを転がる水玉。
自然と偶然が生み出すアート作品。
素敵なお写真ですね。
リンクいただいてもいいでしょうか?
これからもよろしくお願いします♪

[C1669] 衰えは悲しい~

う~ん、尾をひくわよね~
その気持ち、自分の事のように分かります!
京都のギャラリー巡り、ステキな1日になるはずだったのに・・・・

衰えは段階的に来るって林真理子書いてましたが
ある日突然ガクッとするんですよね・・・・
でも30年前と比べたらそりゃ違って当たりまえ(^^ゞ

先日免許の更新に行って来ました
で、その時の写真とそれまで持っていた5年前の写真との差に愕然(-_-;)
野際陽子さん風じゃなく
ブルドッグ風、顔全体がたるんでいたのです(-_-;)

私よりずーっと若いnionさん、まだまだ大丈夫です!

  • 2012-08-10 17:43
  • wataboushi
  • URL
  • 編集

[C1670] 犬山にゃん太郎さま

こんにちは♪
私はレンズを近づけすぎてよく転がします。(^^)
水滴が転がるのは一瞬ですものね。
転がって行く過程が撮れたら面白いんですけど。

そうですよね。
第一印象の方が強いかもしれませんね。
それに30年前のの印象が強いということは
何かしらのアピールをしたのかもしれません。

[C1671] はんこさま

こんにちは♪
昨日は楽しい時間をどうもありがとうございました。
いろいろとお話できて嬉しかったです。
リンクはこちらこそお願いいたします。

このブログは水をテーマにしています。
でも、最近では庭のマクロ写真ブログと化してます。
対策を練らなければと頭は要求しているんですが
要求に応えられない苦しい毎日です。
なので、オキラクにやっていくつもりです。

これからもよろしくお願いします(^^)

[C1672] wataboushiさま

それそれ、ある日突然ガクッですよ。
なんか腕が痛いな〜とか、疲れやすいなぁ〜とか思っているうちに
ギャッと気づいたんですよね。

自分が写真に撮られるのは一種の恐怖です。
ましてや、免許証の写真なんて毎度品のないおばちゃんにしか見えませんもん。

ブルドッグ風って・・・
wataboushiさんそりゃあんまりだ。「(´へ`;ウーム

[C1673] こんばんは

私も自分の写真はめったに撮りません。
だって、寿命が縮みます。

まあ、長い間生きてれば風体も変わりますよ。
子供の成長を見れば 納得もできます。

蓮の葉の上の水滴が勾玉のように見え綺麗ですが、いつまでも 気持ちはそうありたいものです。
  • 2012-08-10 19:53
  • ごんごんごんぞう
  • URL
  • 編集

[C1674]

同窓会、ありがとうございました!
1枚目の下の水玉に、nionさんが映っていますね。
セルフポートレート
違うかな^^
  • 2012-08-10 20:54
  • om4ti
  • URL
  • 編集

[C1675] ごんごんごんぞうさま

でしょでしょう?(^^)撮らないですよねぇ。
でもあんまり私みたいなのの寿命が長くてもね、世の中の迷惑だし・・・

ごんごんごんぞうさん、そうですね、反省します。
この水滴のようなきれいな気持ちを持ち続けたいと思います。

[C1676] om4tiさま

om4tiさんを初め、お馴染みの方々が
より身近に感じられて良い経験をしました。
2回3回と続けられるようなので
これからどのように変化していかれるか楽しみですね。

水滴を撮るときになるべく自分が写らないように注意しますが、
しっかり沢山写っちゃってますね。
これもセルフポートレートですね。
これはシルエットだけで、しわが写らないので大丈夫です。(^^)

[C1677]

人の記憶はおそろしいですねえ。
きっと最初に会ったとき、何か、彼にとってきらりと光る、すてきな印象(展覧会の内容含めて)があったんですよ。
それを脳が記憶していて、勝手に思い出を美化しちゃったんでは……。
それは誇りに思いましょうよ♪
そして、今のご自身をまっすぐ見てもらったら、きっと、変わったと思ったのは、自分が変わったからなんだって、気が付いてくれますよ。
相変わらずすてきな人なんだって、きっと思うはず。
そのお仕事の断片や、お写真、お人柄にふれるにつれ……私はとってもすてきな人だと思っています。
  • 2012-08-10 23:12
  • 茜紫
  • URL
  • 編集

[C1678]

こんばんわ~♪

一枚目のお写真、葉っぱごと切り取って、指輪にしたら、素敵かも~。
涼しげな夏のジュエリー。
女子力アップ、間違いなし!(笑)

一夜漬け、、。一晩漬けたら、お肌ぴちぴちになる泉があればいいのに、、と思います。

けれど。
どーしたって、やっぱり、シワやらシミやらと、共存しなくちゃいけない。。ーー;

だったら。
『このシワはね。槍ヶ岳に登った時にできたヤツで、、』みたいに、ひとつひとつ、誇れるよーなシワにできたらいいな。。

と、言いつつ。
今日も、鏡を見ながら、耳をひっぱったり。
目尻を、強引にぎゅぎゅーっと、持ち上げたりしています。

逆立ちして暮らしたい、、。

にしても。
wataboushi姉ちゃん。ブルドッグはないで。。
免許見たおまわりさん、めちゃ、びっくりやわ、それ。。(@@

nionさんは、十分、素敵。
お写真も、コメントも、オシャレで、気さくで、大好きです♪
  • 2012-08-11 01:34
  • chacha
  • URL
  • 編集

[C1680] 茜紫さま

茜紫さん、感謝!

いや、キラリと光るもでは決してないです。
初めての個展は讃嘆たるもので、今でも地球のマントルまで穴掘って入りたいくらいです。
だからそのひどい印象が小森さんには強かったのではないかと推察しています。

50も過ぎると容姿がくたびれてくるのは仕方がないです。
メンテナンスもあまりしてないし。
でも、人から見て魅力的になりたいですね。
そうなりたいと思ってなれるものでもないし、難しいです。

茜紫さんがいつも褒めてくださるから、気分がいいです(^^)
限りなく空高く上っていきそうになるので、
誰かに下からひっぱってもらわなくちゃね(o'∀`o)-☆

[C1681] chachaさま

写真を切り取ってアクセにできる方法、何かないですか?(^^)
でもね、気分としてはいつも水滴を身につけているんですよ。
それ位水滴さんとは親しい間柄になってしまいました。
実質的には乾燥したお肌で困ってるので、
一夜漬けでぴちぴちになるもの、chachaさんが開発してくれませんか?

槍ヶ岳に登った思い出のシワは、
「ほらここ、このシワは槍ヶ岳産なの」って自慢できて楽しい!
これ実際使えますね。

wataboushi姉ちゃん、ちょっとひどいやんな〜。
これから二人で姉ちゃんとこ行ってほっぺたをあげてきましょか?

chachaさんも褒めてくれておおきに♡


コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

nion

Author:nion
「水は宇宙の似姿」
草花の雫からびわ湖まで
「水」について感じた事を写します。
フィールドは主にびわ湖の湖西
最近は殆ど家の庭で撮っています。
たまにアート・デザインについても語ります。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR