FC2ブログ

Entries

滴と雫

seiyoufuiridantiku_12_9_19_2.jpg


seiyoufuiridantiku_12_9_19_3.jpg


seiyoufuiridantiku_12_9_19_1.jpg


滴と雫
どちらも同じ読みで意味。

でも、漢字の見た目からすると
「雫」の方がしたたる感じが出ている気がします。

なので、真ん中の写真に「雫」をあてはめたいと思います。



この草は、西洋斑入り段竹です。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

[C1945] こんにちは

雫の中に 世界がありますね。^^
透き通っています。
雫を撮らせたら 天下一品ですよ。
これからも 楽しみです。
  • 2012-10-08 13:54
  • ごんごんごんぞう
  • URL
  • 編集

[C1946]

この、あやういほどの均整のとれた、瞬間。
何かがこわれたら、全部がこわれそうな
終わりを待っているような、再生を夢見ているような、そんな雫の息吹が聞こえます。
下の滴ちゃんたちは、滑り台だな、うん(笑)
  • 2012-10-09 00:59
  • 茜紫
  • URL
  • 編集

[C1947] ごんごんごんぞうさま

おはようございます♪
いやぁ、照れるなぁ(*^.^*)エヘッ
そんなに褒めてもらったら次の雫写真が困ってしまいます。

寒暖差が大きくなってきましたので、
草に朝露ができるようになりました。
早起きは依然として苦手ですが、
朝露写真をたくさん撮っていきたいです。

[C1948] 茜紫さま

おはようございます♪
自分で撮った写真を確認していると
カメラの力ってすごいなと思います。
2枚目の写真は、肉眼ではなかなかこういう風には見えませんものね。

プロフィールにも書きましたけど、
水の形態は宇宙と似ていると思います。
それは特に雫の状態になったときに強く思います。
宇宙の入門本を読んでいると
茜紫さんが書いて下さったイメージがよくわかります。
ありがとう、言葉の力で表現して下さいました。(^^)

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

nion

Author:nion
「水は宇宙の似姿」
草花の雫からびわ湖まで
「水」について感じた事を写します。
フィールドは主にびわ湖の湖西
最近は殆ど家の庭で撮っています。
たまにアート・デザインについても語ります。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR