FC2ブログ

Entries

歩道橋から

hodoukyou.jpg

パン屋さんの帰りに、ふと思いついて母校の前の歩道橋に上がった。

keyaki_12_11_22_2.jpg

43年ぶり。

keyaki_12_11_22.jpg

子供の頃は、上からこの欅を見下ろしていたのに。

hodoukyou_2.jpg

この階段を、簡単に駆け上がったり駆け下りたりしたのに。

今は、眼がくらむし息もきれるよ。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

[C2121] 足を鍛えましょ(^^ゞ

わぁ踊り場がある、結構高そうな歩道橋!

でも、いかんいかん!
このくらいで息切らしては~
nionさん、気をつけましょう老化は足から(^^ゞ
歩くのは平気な私も、駅の階段ではハァハァしてますが・・・・

ケヤキの鮮やかな黄葉、逆光?
モノクロ風の歩道橋との対照がすごくきれいです!!
  • 2012-11-23 10:09
  • wataboushi
  • URL
  • 編集

[C2122] こんにちは

なになに?”今は、眼がくらむし息もきれるよ。”
これは困ったもんだ^^)
良いことをお教えしましょう。
この歩道橋の登り降りを1週間続けましょう。
そしたら 43年前に戻り 簡単に駆け上がったり駆け下りたり になります。
私も毎日8階建ての階段を2往復しています。
一週間続けると楽になりましたよ!
もっともこれは 山川に遊びに行けるためのトレーニングですが・・・。^^)
  • 2012-11-23 12:48
  • ごんごんごんぞう
  • URL
  • 編集

[C2123]

43年前の母校、お近くにあったのですか?
わたしの母校はいったいどこにあるのやら(って、わかってますけど(^_^;) たぶん、もう行くことはないと思うと、それだけで、消えてしまったような錯覚に陥ります)
あのときの若かった自分、若いなんて思わないで過ごした時間のぜいたくだったことね!
今、同じことができないのは、身もココロも、いろいろな重荷(ははは)を背負って、いろいろなものを見てきてしまったから。
でも、変わらない風景がそこにあって、よけいに、その隔たりを感じて、感慨も深かったですね。

わたしも母校を訪ねてみたら、同じことを思うのかしら。
瞬間、むかしの自分がかけぬけていって、目がくらむのかしら……。
  • 2012-11-23 14:45
  • 茜紫
  • URL
  • 編集

[C2124] wataboushi さま

wataboushiさん、こんにちは♪

> nionさん、気をつけましょう老化は足から(^^ゞ
もう老化、始まってま〜す。
昨日、NHKの体操を一通りしたらゼイゼイ言いました。
> 歩くのは平気な私も、駅の階段ではハァハァしてますが・・・・
やっぱ、姉ちゃんでも?安心したぁ(^^)
スーパーでも駅でも、エスカレーターは使わずに階段を上るようにしてますが、
その後の心臓の音はすごいもんです。

> ケヤキの鮮やかな黄葉、逆光?
> モノクロ風の歩道橋との対照がすごくきれいです!!
今日の写真は、レタッチを沢山しています。
欅の色は、逆光で黄色ではあったのですが、
それよりも数倍黄色く仕上げています。
他の写真もコントラストをあげました。
43年経って、息切れもするようになったけど
写真で突っ張ってみました(^▽^;)
  • 2012-11-23 17:24
  • nion
  • URL
  • 編集

[C2125] ごんごんごんぞう さま

ごんごんごんぞうさん、こんにちは♪

> これは困ったもんだ^^)
はい、困りましたぁ。

> 良いことをお教えしましょう。
なになに?

> この歩道橋の登り降りを1週間続けましょう。
> そしたら 43年前に戻り 簡単に駆け上がったり駆け下りたり になります。
え〜〜〜っ、そんなん、ぜったい!無理〜(^▽^;)

> 私も毎日8階建ての階段を2往復しています。
> 一週間続けると楽になりましたよ!
私が一週間続けたら心臓が壊れます(。-`ω´-)キッパリ!!

> もっともこれは 山川に遊びに行けるためのトレーニングですが・・・。^^)
遊びに行く為にはトレーニングを欠かさないんですね。
えらいなぁ。
私も家の階段の5往復くらいから始めましょうかね。
  • 2012-11-23 17:33
  • nion
  • URL
  • 編集

[C2126] 茜紫さま

茜紫さん、こんにちは♪

> 43年前の母校、お近くにあったのですか?
そうなんです、実家から歩いてすぐのところにあるんですよ。
> わたしの母校はいったいどこにあるのやら(って、わかってますけど(^_^;) たぶん、もう行くことはないと思うと、それだけで、消えてしまったような錯覚に陥ります)
現物を見ないと学校でも過去のものですからね、
消えてしまった錯覚がするのはわかります。
私は転校を何回かしてきたので、以前の学校は「無い」です。

若かった時は若いのが理由でできないことがたくさんあったけど
今は、年を取ったからできないことばかりです。
結局「出来なかったこと」の山ができてる。
あの輝かしい小学生時代!
私はどんなすごい大人になれるんだろう!と思っていたんですけどね。
ため息がでちゃう。

> わたしも母校を訪ねてみたら、同じことを思うのかしら。
> 瞬間、むかしの自分がかけぬけていって、目がくらむのかしら……。
いいなぁ、光景の絵が浮かんできますよ。
目がくらむけれど、かけぬけていったむかしの自分の姿を
ほこりに思ってそれに恥じないように生きたいな。
  • 2012-11-23 17:51
  • nion
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

nion

Author:nion
「水は宇宙の似姿」
草花の雫からびわ湖まで
「水」について感じた事を写します。
フィールドは主にびわ湖の湖西
最近は殆ど家の庭で撮っています。
たまにアート・デザインについても語ります。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR