FC2ブログ

Entries

冬の薔薇 3

rose_12_11_28_8.jpg





rose_12_11_28_7.jpg



たそがれという名の薔薇です。


京都府立植物園にて。
日を置いて冬の薔薇シリーズと温室写真を続けます。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

[C2172] この色、魅かれます!

この薔薇の色!!
言葉がでてこないっ!

ムラサキ系は中高年女性の好きな色なんですって~
でも違うよねこの深みのある色
ため息です(^^ゞ

すごっく美しく華やかだった人が
今はひっそり静かに暮らしている・・・
って感じかしらね~
  • 2012-12-07 11:32
  • wataboushi
  • URL
  • 編集

[C2173] ほっ、、としてるような。。

こんにちわ~。

ほんと、綺麗な色のバラ。

バラの季節には、大勢ヒトが集まって、コンデジやら携帯やらのシャッター音が賑やかだったんでしょうね。。

もお誰もそんなことしなくなって。
ちょっと、寂しいけど。
ちょっと、ほっとしてるような。
そんな感じに見えました。

貴婦人のため息、、、。

いよいよ冬の到来かな。
(そして、私は、いよいよ布団から出られなくなる、、--;)

PS: ハトとの暗い過去。。 nio姉ちゃん、正解!襲撃&フンの合わせ技でした。。 ちっちゃな紙袋に入った豆を持って突っ立ってたら、全身鳩だらけになりました。。 ヒッチコックの『鳥』さながらの恐怖感だった~~っ( > < )... ハト、こわっ。。
  • 2012-12-07 12:35
  • chacha
  • URL
  • 編集

[C2174] wataboushi さま

wataboushiさん、こんにちは♪

この紫色は青いバラ系の色になるんでしょうか。
バラの種類は全く知らないんで。

> ムラサキ系は中高年女性の好きな色なんですって~
そうかもしれないですよ。
私も最近好きになりましたもん。
何か落ち着く色ですよね。

> すごっく美しく華やかだった人が
> 今はひっそり静かに暮らしている・・・
> って感じかしらね~
うんうん、さっすがwataboushiさん、そんな雰囲気ですよね。
私流の解釈では、
内心はとても艶めいているんだけど、それを秘めて絶対に表には出さないの。
私とは真逆の形容です。
憧れますね、こんな女になりたかったけど、私は露出し過ぎです。
wataboushiさんはどうでしょうか。
何割かあてはまっているのではないですか(^^)
  • 2012-12-07 13:13
  • nion
  • URL
  • 編集

[C2175] chacha さま

chachaさん、こんにちは♪

> バラの季節には、大勢ヒトが集まって、コンデジやら携帯やらのシャッター音が賑やかだったんでしょうね。。
そうでしょうね。
この時は私しかいませんでした。
独占状態でしたよv(。-_-。)v

> もお誰もそんなことしなくなって。
> ちょっと、寂しいけど。
> ちょっと、ほっとしてるような。
> そんな感じに見えました。
いやいや〜、バラさん達、せっかくほっとしたのに、
しつこく覗き込んでカシャカシャ写す私に閉口していたんじゃないでしょうか。
でもちゃんと「きれいですね。」って挨拶したので許してくれたことと思います。

> いよいよ冬の到来かな。
> (そして、私は、いよいよ布団から出られなくなる、、--;)
厳しい環境でお仕事をしているのですから、休める時にはゆっくり休んでくださいね。
でもchachaさん、布団から出られなくなれるのは若いからですよ。
私なんか、長時間寝ていたら身体中がギシギシガクガク「痛っ!」になります。

> PS: ハトとの暗い過去。。
やっぱりぃ、そうでしたか。
いろいろな過去を克服しなきゃなんないですね。
大変だ〜(´ε`;)
  • 2012-12-07 13:36
  • nion
  • URL
  • 編集

[C2176] こんばんは

あれ?ヒマラヤの青いバラ?
あれ?ヒマラヤの青いケシだよ!
青いバラは サントリーだって ^^)
あこがれの青いバラだそうです。
  • 2012-12-07 22:36
  • ごんごんごんぞう
  • URL
  • 編集

[C2177] ごんごんごんぞう さま

こんにちは♪
一瞬、あ、これがあのヒマラヤの・・・って思っちゃいましたよ〜。
そうそうあれはほんとに真っ青なケシでした。
青いバラは、むずかしいんですね。
青くないですもんね。
ニュースで青いバラっていうから、即座に「青くないやん!」って突っこんだくらいです。
バラはこれくらいの青みがいいです。
でも、できないとなると欲しくなるのが人なんですかね〜。
今もサントリーで研究され続けているのでしょうね。
いつか真っ青なバラが見られるでしょうか。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

nion

Author:nion
「水は宇宙の似姿」
草花の雫からびわ湖まで
「水」について感じた事を写します。
フィールドは主にびわ湖の湖西
最近は殆ど家の庭で撮っています。
たまにアート・デザインについても語ります。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR