FC2ブログ

Entries

京都ギャラリー巡り 矢野信司個展

2011yano.jpg




私の友人、矢野信司さんの個展に行ってきました。
毎夏の恒例となった矢野さんの展覧会。

数年前からDMのレイアウトを担当しています。
去年のDMデータを印刷所に送ってしまったという恥ずかしい失敗を
おおらかに許してくれた作家さんです。(こちらの記事)


毎年地中海風景をテーマにしています。
油絵ならではのざっくりとした技法と緻密な描写で
南フランスの明るい陽光とおしゃれな町並みが魅力的に描かれていました。

毎年作品を見て思うこと。
 声を荒げる事のない
 マイペースな性格が
 地中海の風景にぴったりだな。
 (私は地中海に行った事無いけど)


作品をいくつか紹介します。



「ランチタイム」(ゴルド)
IMG_0703.jpg





「闘技場へ続く道」(アルル)
IMG_0700.jpg





会場風景
IMG_0699.jpg



奥に見える男性が矢野さんです。

矢野信司 個展「南フランスを描く」
7月26日〜31日
ギャラリーカト
京都市中京区寺町三条上がる




今回は、中学時代陸上部の友人みほちゃんを誘いました。
「どの作品が好き?」とか、ころころおしゃべりして
すっかり子ども時代に戻り
他のお客さんの邪魔をした気がします。


矢野さんの展覧会を後にして
みほちゃんを次の展覧会に誘いました。


川瀬竹秋陶展
7月27日〜8月2日
京都高島屋美術画廊

青瓷・白瓷・青白磁・藍釉がさわやかな茶碗、水差し、香炉など

ふっくらとした形に面を取った(しのぎという技法だと思います)藍釉の壷が美しかったです。
染め付けの藍色と異なり、
ラピスラズリを思い起こすやや明るいマットなブルーが印象的でした。

また、藍釉と白瓷の掛け分けという技法の瓢壷がめずらしく
端正な仕事ながらも遊び心も感じられました。

川瀬さんは大津市葛川という山間で築窯されています。
昔からご縁があって、今回もご挨拶させていただきました。




川瀬さんの会場をでたら
偶然、以前個展のDMを作らせていただいた作家さんが
同じく高島屋工芸サロンで陶展をしておられました。

脇山さとみ作陶展「山に登りて・・・」
7月27日〜8月2日

脇山さんの陶芸作品は、いつもほんわかとあったか楽しく
遊び心いっぱいの作品です。

今回は、仙人や雷さん、悪魔がつまみになった蓋物
中国風の人の置物など、
のんびりした雰囲気が味わえる作品ばかりでした。







わたしもみほちゃんもすっかりおばさんになってしまったけど、
少女の気持ちに帰れた一日となりました。






関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://wateeern.blog.fc2.com/tb.php/66-579c3bf6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

nion

Author:nion
「水は宇宙の似姿」
草花の雫からびわ湖まで
「水」について感じた事を写します。
フィールドは主にびわ湖の湖西
最近は殆ど家の庭で撮っています。
たまにアート・デザインについても語ります。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR