FC2ブログ

Entries

薄暮せまる浜大津 一羽の鴨編

hamaotsu_13_2_2_13.jpg

一羽の鴨の軌跡を追いました。

水面を写している間に鴨は遠くへいきました。
少し沖には沢山の鴨の群れが点々としていたのに、
群れから外れたきままな子でした。


hamaotsu_13_2_2_10.jpg

さざ波。


hamaotsu_13_2_2_11.jpg




hamaotsu_13_2_2_12.jpg
クリックするとちょこっと大きくなります。

鴨が小さく見えます。


バックの山は比叡山です。
帰途、麓を通ります。


昨日から始めたこの浜大津シリーズ(明日早くも完結)は、
agraciadoのchachaさんが命名した「ついで撮法」で撮っています。
つまり何かの用事で出かけたついでに写真を撮るという方法です。




命名者のagraciadoのchachaさんは、
ただいま「始まりのとき ~撮り旅 ゴメ恋物語~」を好評連載中です。
(こちらの連載はついで撮法ではなくて、撮影旅行での記事ですよ。)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

[C2371] その鴨はもしかして?

薄暮の湖を漂う孤独な鴨・・・・

って思ったら気ままな鴨さんだったんですね~
じゃあのchachaさんのお仲間か・も(鴨?)(^^ゞ

暗い水面にたつさざなみ
ひき込まれそうに感じます
でも、凍るような冷たさまで届きました
私はきっと思いとどまるでしょう~

nionさんはついで撮法に夢中だった?
  • 2013-02-08 10:21
  • wataboushi
  • URL
  • 編集

[C2372] 水の流れが、、

nio姉ちゃん、こんにちわ。

どうしても鴨に目がいくけれど。
水の流れを追いかけるnio姉ちゃんの目線が素敵です。

雲間に見える雄大な比叡山。手前には、まるで自然とはかけ離れた高層ビル。曲線を描きながらその景色を眺めるちっちゃな鴨は、いったい何を思ってるんでしょうね。

って、ん? 群れから外れた気ままな子?
それって、、--;

えーっと、、、。
改めまして。
『ついで撮法』をお使いいただき、ありがとうございます。おまけに、私のことなどもお披露目いただき、ちょっと照れてしまいました(恥)

撮影旅行、、、と書いていただいたので、きばってアップしますね。

ほんとにうれしかったです!!

あと。
wata姉ちゃんの、
>chachaさんのお仲間か・も(鴨?)(^^ゞ
がウケました。

どうぞ良い一日をお過ごしくださいね。


  • 2013-02-08 13:11
  • chacha
  • URL
  • 編集

[C2373] wataboushi さま

こんにちは♪
残念、wataboushiさん、半分正解です。
この鴨ちゃん、別名きまま鴨っていいます。
ですから、身に覚えがあるでしょう?
目的地を急に変えるのはお得意ですものね。

この写真は桟橋から撮ったのですが、
みなもを見ているとふらふら〜となりそうでした。
なのでカメラはしっかりと首からぶら下げて撮りました。
実際に見たら、wataboushiさんは魔物の暗示に負けて
「どぼん!」ってなるかもしれませんよ。

ついで撮法、完璧マスターしました。(^^)
  • 2013-02-08 15:05
  • nion
  • URL
  • 編集

[C2374]

朝明けてくるときと夕暮れと違うと思いましたが
一枚目は夕暮れだよねと思いましたが
最後は あれ?朝?違いの判らない女でした・笑

ブログに来るとき 池の横を通るんです 今日ちょうどカモを見てきました こちらは2羽だったんですが 仲の良い2羽でした(^v^) 足冷たくないのなんて声をかけましたが 無視されました・笑 
  • 2013-02-08 15:11
  • 茶絽んあい
  • URL
  • 編集

[C2375] chacha さま

こんにちは♪
そうなの、群れからはずれたきままな子。
だれあろう、それはchachaさんであり、wataboushiさんです。
ほんとに鴨を見ていてそう思いました。

wataboushiさんはchachaさんの仲間鴨しれないと思われたみたいですが、
半分正解でしたね。

面白いですよ、カメラを持って鴨を撮るとchachaさんだと思うんですから。
これって私の中に強烈な何かが起こっているんでしょうか。(^_^;)
chachaさんのあの鴨の記事が強烈すぎたの鴨。

ゴメ恋物語もしっかりね〜。
  • 2013-02-08 15:18
  • nion
  • URL
  • 編集

[C2376] 茶絽んあい さま

(≧∇≦)ブハハハ!
ここにも不思議な御方がいはりましたね。
あ、失礼、茶絽んあいさんこんにちは♪

鴨に声をかけて無視されたのですか、それは残念です。
確かに足が冷たそうですよね。
この写真の鴨も水面の下で足を懸命に動かしているのかと思うと
なぜか「がんばれ〜かわいい子」って思えました。
それを写してみたかったんです。

今度また池で鴨を見かけたら声かけをしてみて下さい。
反応があるかどうか、知りたいです。

朝と夕の写真はあまり区別がつかないですね。
思い込みもあるし。
確実なのは、私のブログの中では滅多に朝焼けはでてこないということ。
私は寝坊すけです。
  • 2013-02-08 15:34
  • nion
  • URL
  • 編集

[C2377] 鴨

昨年の秋口に白鳥が飛来し始めた時に、
はぐれただろう一羽の白鳥が飛びながら啼いて仲間を探していた様が思い出されました。
親鳥なのか子供なのかわかりませんが、空を一羽啼いて飛んでいるのが凄く印象的でした。

人間にみんな同じように見えても、やっぱり違うんですねえ(^^ゞ
  • 2013-02-08 19:54
  • 犬山にゃん太郎
  • URL
  • 編集

[C2378] 犬山にゃん太郎さま

にゃんさん、こんばんは♪
この鴨さん、仲間を探しているようには見えなくて
ほんとにきままに泳いでいるようでしたよ。
個性的な鴨なのかしら。

白鳥は童話の印象からかな、一羽でいると寂しそうに見えますね。
白鳥と鴨では姿があまりに違い過ぎて、
人が持つ印象も随分と変わりますよね。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

nion

Author:nion
「水は宇宙の似姿」
草花の雫からびわ湖まで
「水」について感じた事を写します。
フィールドは主にびわ湖の湖西
最近は殆ど家の庭で撮っています。
たまにアート・デザインについても語ります。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR