Entries

ひいなの町歩きで

hachiman_13_2_11_8.jpg

近江八幡へ行ってきました。
幸運にも「町なみに装うひいなのほほえみ」という企画で
街のなかは雅なひな人形があちこちに飾ってありました。





奥村邸の段飾り
hachiman_13_2_11_1.jpg

同伴の保護者と眺めていたら、
奥から「どうぞ上がって、コーヒーでも」
とすすめられて上がらせて貰いました。


hachiman_13_2_11_10.jpg

このお宅は、去年おばあさんが亡くなったので荒れていたところを
空き町家再生できれいにされたということです。
空き町家再生事業事務所になっています。



hachiman_13_2_11_2.jpg

再生している時にふすまや壁からでてきた紙です。
明治9年の仕切書のようです。
ふとんの西川さん宛でしょか。

そういえば以前、我が家のふすまを張り替えたときにもこんなのが出て来ましたよ。
昔の人は紙を大事にされたのですね。

それにしても筆遣いが勢いがあって美しいですね。
お商売の勢いが感じられます。






odorusaibou.jpg

近江八幡へでかけた理由は、
「踊る細胞〜田島征三とアール・ブリュットたち〜」を見ることでした。

プロのアーティスト田島征三さんとアール・ブリュットのコラボレーション展覧会です。

タイトルから想像はしていたのですが、
実際に、生命の流れの中での細胞の働きで生まれた作品達と思えました。

生物学者福岡伸一さんのいわれるところの「動的平衡」を思い出しました。
詳しいことは説明できる言葉を持たないのですが・・・

ボーダレス・アートミュージアムNO-MAで3月30日まで開催されています。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

[C2418] 「ひいな」の呼び名が良いな~

何か京都らしい呼び名♪
で、私もお雛さま飾らなくちゃと思い出しました
ガラスケースの小さいのですが・・・・

歴史ある町、歴史ある家なんですね
ふすまや壁から紙が出てきたのには驚き!
nionさんちのふすまから出た紙には何が書いてあったのかしら?
こちらはほんとに勢いのある筆遣い
昔の人は筆でささっとこんな文字を書いたんですね
今じゃパソコン入力ばかりで私は文字が下手くそに(-_-;)

あっ、チョコレートの君と美術鑑賞なんて素敵♪

  • 2013-02-16 22:29
  • wataboushi
  • URL
  • 編集

[C2419] wataboushi さま

こんばんは♪
wataboushiさんちにおひな様があるのですね、いいな。
年中行事の中でもおひな様は華やかでいいですね。
飾られたら見せて下さいね。

ふすまの下貼りに反古紙を使っていたのでしょう。
wataboushiさんのご実家でも多分出てくると思いますよ。
うちのふすまから出て来たのも写真のようなものでした。
残しておけば良かったです。
パソコンを使っていると字が書けなくなりますよね。
今日もお葬式の受付の役で國という字が書けませんでした。
携帯で調べてやっとわかりましたよ。

チョコレートの君('-'*)エヘ
そんなええもんとちごうて、
私が迷子にならないように見張る保護者です。

[C2429]

雛飾りですか。歴史の古いお宅では、代々保存された立派なものをもっていらっしゃいますよね。
手前に飾られた小さなものも、愛情がこもっているみたいで、よい時期に行かれたんですね!
うちはないんですよね。
正確にいうと処分しちゃったというか。

古いお宅から出てきてふすまに裏紙を使っているところ、すごく貴重品!! とか思って、もったいない! なんて(笑)
でもよく考えたら、今の私が、コピーの裏紙をせっせと使っているようなものなのかな。
  • 2013-02-18 23:27
  • 茜紫
  • URL
  • 編集

[C2432] 茜紫さま

こんにちは♪
幸運にもおひな様が飾ってある時期に行けました。
茜紫さんのお宅のおひな様は、思い出の中で飾られているんでしょうね。
それもまたおひな様らしくていい感じです。
我が家にもおひな様が無いのです。
今年も何かで代用びなを作ってみようかな。

コピーの裏紙を使っておられる、えらい!
いっぱいたまりますものね、特に茜紫さんのお仕事はそうでしょう。
昔とは紙の価値が変わってしまって、
これからの時代、また貴重なものになるのでしょうかね。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

nion

Author:nion
「水は宇宙の似姿」
草花の雫からびわ湖まで
「水」について感じた事を写します。
フィールドは主にびわ湖の湖西
最近は殆ど家の庭で撮っています。
たまにアート・デザインについても語ります。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR