FC2ブログ

Entries

琵琶湖のオブジェ作品 番外編

nagisa_13_2_25_8


木が一本丸ごとです。


nagisa_13_2_25_1.jpg





nagisa_13_2_25_4

ロゼットが唯一の砂浜の緑でした。
スイバだと思います。



nagisa_13_2_25_6

対岸の蓬莱の辺りは激しく雪が降っているようです。
これでお天気になったら真っ白な世界が見られる?とちょっと期待したものです。
見事はずれましたが。


nagisa_13_2_25_7

ここで行き止まり、木の向こうには水路がありました。
この左手にはラフォーレが建っています。



昨日の記事にアップした以外の
倉庫にいれようかと思っていた写真達です。
見直してみて気づきました。


若い時は、冬の鈍い色の湖が心底嫌いで憂鬱になりました。
今はこの寒い風景を見ると
「大事なものが隠されている」様な気がして
不思議な魅力を感じます。
そして怖い気もします。



私は、そういうものを撮りたいと思っているのだなと気づいたのです。






追記
昨日、納品帰りに小野という地点から比良山を撮りました。
リベンジのチャンスをうかがっていましたが・・・

hira_13_2_27.jpg

コンデジですが、クリックすると大きくなります。
きのうの琵琶湖を挟んで撮った比良山写真の方がきれいやね。
リベンジならず・・・( -.-) =зフウー

関連記事
スポンサーサイト

コメント

[C2511] こんばんは

写真は感性と言われます。
感性は、人それぞれで、さらに、その人の中でも時と共に、また、その人のいる環境の変化によっても変化していきます。
だから、面白いのでしょう?
不変的なら面白くないです。
だからこそ いろんな物を見たり 体験したりしたいで~す。
な~んちゃって・・・語ってしまいました。失礼失礼!
またまた遊びに来ちゃった困ったおやじでした。
  • 2013-02-28 22:04
  • ごんごんごんぞう
  • URL
  • 編集

[C2512] ごんごんごんぞうさま

こんばんは♪
ごんごんごんぞうさん、語ってくださってありがとうございます。
(ρ゚∩゚) グスン うれし泣きです。
乾燥した体にジュワッと染み渡りました。
人は日々変わる、昨日の私はもういない、そう思います。
どんどん変わって行きたい生きたい逝きたいです。

また踊りながら遊びに来て下さいね。
  • 2013-02-28 23:08
  • nion
  • URL
  • 編集

[C2513]

まるごと1本の流木!!!
その大きさにびっくりします。
大事なものが隠されている感覚
少しだけわかる気がします。
それを探してみたいような、でも、
こわいから探したくない。
でも、何が自分をそう思わせるのか、その魅力に
何度でも撮りたくなる。
私、文章書くときに、とりかかりたくない作品ってのが
あるんです(苦笑)
それを書くと周りが目に入らなくなる、のめりこんじゃうだろうな、ってわかっているとき。
書き始めると、面白くてとまらないのもわかっていて。
だからなるべく先のばしにする、っのが。
ちょっと違うかもしれないけれど、見たいような見たくないような、というお話でした(^^)/
  • 2013-03-01 08:03
  • 茜紫
  • URL
  • 編集

[C2514] 茜紫さま

こんにちは♪
すごいでしょう、木が根こそぎになって流れ着くんですよ。
どこから来たのかちょっと知りたい気分です。

大事なものが何か、それを問いつめたりしても
決してわかることはないでしょうね。
でも、私が居る所の東の方角から
いつも琵琶湖のエネルギーを感じて暮らしています。
茜紫さんのお仕事の場合、本当に創作されている訳だから
形にならないものを形にしていく道中が面白くてしんどい作業ですね。
私はそれをする前にめげてしまいます。
形にならないものが何かになるとわかったら始まるんでしょうが
何かになるのかどうかわからないままでずーっと終わりそうです。
だから茜紫さんのお仕事は尊いと思います。
のめりこむというのは何かがおりてきている状態ですもんね。
悲しいかな、最近そんな経験したことないです。
とりかかりたくない作品がたくさんあったら、それこそ大変!
茜紫さんはとりかからずに我慢できます?(^^)

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

nion

Author:nion
「水は宇宙の似姿」
草花の雫からびわ湖まで
「水」について感じた事を写します。
フィールドは主にびわ湖の湖西
最近は殆ど家の庭で撮っています。
たまにアート・デザインについても語ります。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR