Entries

みずみずしい恋をする

MoeeeM4_.jpg


最終の新幹線。
ホームを下りたら、遠くにあなたの姿が見えた。

あ・・・。しまった。

お化粧直し、してないし。
あわてて、窓ガラスに姿を映し、前髪とか整えてみる。

視線を戻すと、あなたが笑いながら手を振っていた。
荷物なんて放りだして、今すぐ駆け寄りたいのに。

あふれる想いに
足がもつれて
ちっとも前に進まない。

もお。アタシったら。

『元気だった?』ってあなたが聞く。
元気なわけないじゃん・・・って思いながら、
『元気だったよー』って笑う。

目の前のあなたが消えてしまわないように、
そっと
ぎゅっと
手をつなぐ。

ほっぺつねってみたら、めっちゃ痛かった。
夢じゃないんだ。
やっと会えたね。

短い夏休みの始まり。

〈文:chachaさん〉



MoeeeM第4号です。
今回のテーマは「みずみずしい恋をする」です。
文を依頼したのは、私の若い友人chachaさんです。
(若いって書いたら、そんなに若くないって本人は否定しますが)
私と同じく、いや、私以上の妄想の達人です。
ですが、この文の内容は多分何割かは真実でしょう。


写真は、いつもの私の庭の朝顔です。
RGBならではの発色の良さで、彩度の高い水色を作りました。
これを単純にCMYKに変換すると、どっど〜んと色が濁ってしまいます。

みずみずしい恋の色なら、RGBに限ると気づきました。

今回は、タイトルが一番で、二番目が写真作りです。
そして3番目に、chachaさんにタイトルのみで文をお願いしています。
文中のシーンとは繋がりませんでしたが、
恋の姿を朝顔の花から想像してもらえればうれしいです。




私もchachaさんみたいに
鯉を(何故か変換で一番にでてくるんですよね)恋をしたいです。

もういっぺんしてもいいですか!!



関連記事
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

nion

Author:nion
「水は宇宙の似姿」
草花の雫からびわ湖まで
「水」について感じた事を写します。
フィールドは主にびわ湖の湖西
最近は殆ど家の庭で撮っています。
たまにアート・デザインについても語ります。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR