Entries

汀の植物 植生考

sakuratade_13_10_5_2.jpg

さくらたでが群生していました。
場所は、琵琶湖博物館の北側湖岸です。



sakuratade_13_10_5_1.jpg





hakka_13_10_5.jpg

ハッカの花です。
自生のハッカは、初めて見ました。


minamo_13_10_5_2.jpg

菱と大赤浮き草です。
大赤浮き草は、浮遊性シダ植物だそうです。
根っこがないんですって。


uri_10_6.jpg

これが、何かわからないんですよ。
花からみたらカラスウリの仲間かと思い調べてみたのですが、
該当するものがありませんでした。

ウリ科にはちがいないと思うのですが。
剽軽な形ですね。

もし新しい帰化植物だったら、ここからどんどん増えていくのでしょうね。




biwako_13_10_5_5.jpg

彼岸花がたちやなぎの下で咲いていました。
ゴミだらけの中で咲いていたので、
栃の葉っぱで隠して撮りました。

栃の木は、深山から流れてきた栃の実が、
琵琶湖の岸辺で芽を出して大きくなったのかなと思います。

お母さんの木は、対岸の山奥でひっそりと生きているのかもしれませんね。

biwako_13_10_5_4.jpg

栃の実



ashi_13_10_5.jpg

葦の穂



明日も続けます。

関連記事
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

nion

Author:nion
「水は宇宙の似姿」
草花の雫からびわ湖まで
「水」について感じた事を写します。
フィールドは主にびわ湖の湖西
最近は殆ど家の庭で撮っています。
たまにアート・デザインについても語ります。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR