fc2ブログ

Entries

内包する力 蓮のつぼみ

2007_9_1.jpg




時間というものを認識しているのは
人間だけかもしれないが
この蕾の中には、
明日へと繋がるものがおさめられている


頑丈なうてな









昨日、京都から大津へ帰る道、
大原三千院の辺り位からものすごい雨になりました。
ワイパーの意味が無い程視界が遮られた中、
反対車線と前を走る車のライトを目印に走りました。

こんなときは、どこかに止まってやり過ごすべきだと
帰ってから注意されてしまいましたが、
どの車も慎重に運転しているから、
それに合わせていればいいかなと思って運転していました。



脇道にそれてから、
竹やぶや木々の大きく波打つ動きや
水が瀧のように流れるウィンドウ
川になってしまった道路
煙る木立を見ながら運転していると
正直、よくわからないけれど気分が高揚してしまいました。

恐怖とか早く帰りたい気持ちよりも
この驚異的な自然現象の中にいることに心が動かされているのでした。


     ・
     ・
     ・
     ・
     ・


夜半、星の瞬く空を仰ぎました。
幸い何事も無く済んだことを実感し、
あれは車という小さな安全圏の中にいる驕気だったと小さく反省しました。



津波以来、自然に対する考えや感情は定まらなくなりました。
いつも不安定な思いで揺らいでいます。









関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://wateeern.blog.fc2.com/tb.php/96-9b34f41a

トラックバック

コメント

[C78] こんにちは。

蓮の花の蕾、が青空に向かって伸びていますね。
一までの力を蓄えているようですね。
蓮の花は、開花から落花まで4日といわれるくらい儚いですが、
散ってからでもなおその姿は、凜としたものを感じます。
冬場に見える姿、また素敵ですよ。
  • 2011-08-26 14:02
  • ☆takasegawa☆
  • URL
  • 編集

[C79] ごぶじで何より♪

京都が近いのですね~。ウラヤマシイです。

わたしも先日高速を走って知り合いの写真展を観に行ったとき、もの凄い雨で前方のテールランプを見つめて走りました。

ハス、今年も撮りました。
毎年撮っても撮りたい花ですね。




[C80] ☆takasegawa☆さま

ほんとに凛とした姿がありますよね。
葉、花、枯れ蓮と蓮の魅力は奥深いです。
今年はびわ湖の群生地に立ち寄れませんでしたが、
京都府立植物園なら行けそうです。
秋になったら行ってみようと思います。

[C81] ヒツジ草さま

京都へは片道40分、とことこと軽で通っています。
母の元へと急ぐので、楽しむのは季節の移り変わりを
車窓から見ることぐらいですけどね。
桜と若葉と紅葉と雪の大原は絶品です(^^)全部や〜

蓮の花、美しすぎてかえってひいてしまうアカンタレな私です。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

nion

Author:nion
「水は宇宙の似姿」
草花の雫からびわ湖まで
「水」について感じた事を写します。
フィールドは主にびわ湖の湖西
最近は殆ど家の庭で撮っています。
たまにアート・デザインについても語ります。

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR