Entries

大輪の菊

kiku_13_11_7_2.jpg





kiku_13_11_7_3.jpg





kiku_13_11_7_1.jpg






最近、ちょっと庭まで歩けるようになった義父が
黄色の大菊を見たいと、私に手に入れて欲しいと頼みました。

「美しいものを眺めていたいから。」と。

大輪の菊は、好事家が丹誠込めて作っているので
そんなに簡単に手に入らないと思いました。

そこで、学区文化祭の菊花展を見に行ってみました。
知り合いの方ばかりが展示しておられたので
無理を承知で、分けて欲しいと頼んだところ
こころよく分けてくれました。

義父はもちろん、大喜びしてくれて、
ぬくとい日には、庭に置いたディレクターズチェアに座って眺めています。


この菊の作者のおばさんは、この菊がこれしか無いので
最初は躊躇しておられましたが、
花が終わったら、鉢ごとお返しするということで納得されました。
来年もまた美しく咲かせていただきたいなと思います。


明日は、別の菊を。


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

nion

Author:nion
「水は宇宙の似姿」
草花の雫からびわ湖まで
「水」について感じた事を写します。
フィールドは主にびわ湖の湖西
最近は殆ど家の庭で撮っています。
たまにアート・デザインについても語ります。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR