FC2ブログ

Entries

わたしも裏山のさんぽ 6

この写真が一番気に入っています。(なんでやろ?)コンデジで撮ると雰囲気が変わります。黒が強く出ました。実際とは別の場所みたいです。下りていく小径です。向こうは住宅地です。犬を散歩されている方が多いです(^^)写真を撮っていたら、植物情報を教えてくれました。「山の稜線にナナカマドがありましたよ。」え〜そうなんだ、ここにも生えているんだと探しに行きかけました。でも、ひとりで歩くには少し遅い時間です。諦めま...

わたしも裏山のさんぽ 5

赤や黄色の森の中で、ひときわ目立つ白い葉っぱ。こしあぶらです。日影のこしあぶらには、陰とした雰囲気がありました。春には、若芽が山菜で有名です。この葉っぱには、まだ黄色の色素が残ってました。日向のこしあぶらには、赤いリボンをつけてクリスマスに飾りたい気がします。今回の影。起き上がらないかな。...

わたしも裏山のさんぽ 4

西日で紅葉が灯っていました。陽が陰ってきたので、あったかい色を見てほっとしました。黄櫨(はぜのき)です。実が和ロウソクや鬢づけ油などの化粧品の原料になります。黄櫨の実を加工している工場が、今では国内で3軒だそうです。黄櫨越しに池を写したつもりだったのですが、失敗しました。AFではなくてマニュアルにすれば良かったです。どこを切り取っても美しい影絵の世界が裏山にありました。後2〜3日裏山シリーズを続けま...

わたしも裏山のさんぽ 3

そよごの実が風に揺れていました。これからの季節にぴったりの色合いですね。りっぱなそよごの木でした。これは、何でしょうね。ドライフルーツになりかけていました。味見?してないですよ〜。...

わたしも裏山のさんぽ 2

何の実なんでしょうね。この木の前に長いこと佇んでいました。犬を連れた女性から挨拶を受けました。山へよく行かれるというその方も、この実の名前を知りませんでした。知らなくてもいいかな。続きに、昨日の夕焼け空を。...

わたしも裏山のさんぽ 1

モミジバフウわたしの大好きなチビmomoさんの「裏山のさんぽ」の真似しぃです。モミジバフウの落ち葉。山の裾は公園になっています。くぼ柿かな?タカノツメという木です。11月30日の写真です。しばらく続けます。...

嵐が来る前に  里山の秋

ため池の周りの紅葉は、今年はあまり美しくありませんでした。わらわらと、大きなおじゃまたくし。おたまじゃくしのまま、冬を越すのかな。一段高い田んぼへと登ってみました。息が切れました。北を向いて、比良山系を見ています。東を向いて、琵琶湖を見ています。CDがぶら下がっているのはよく見かけますが。この大きさだと、獣除け?お猿さんがぶら下がって遊びそうな気がしました。ひもがもっとしっかりしてたら、私がお猿さん...

嵐が来る前に  紫が迎えてくれた

曇天の下では、りんどうも開けきってくれなくてすぼみぎみの花が点々と咲いていました。里山に作られた田んぼの斜面では、よく見るとせんぶりもたくさんありました。でも、開いていたのはこの一輪ひとつだけでした。小さくて地味な色。踏んづけてしまわないかドキドキしました。今年は、花の時期に間に合わなかったかなと心配していたけど、りんどうもせんぶりも、味わい深い色をそっと見せてくれましたよ。とてもうれしかった。の...

嵐が来る前に  赤い色見つけた

冬苺の実があちこちでなっていました。もう少し大きな実だったら、集めるのだけど。野いばらの実。リースの飾り付け用に、少し分けてもらったら良かったと帰ってから思いました。斜面で見つけた、ちいさなちいさな紅葉。何かの幼木とオトギリソウの赤い葉っぱが枯れ草色の中で自己主張してました。これは、何かな?極小の紅葉でした。どちらの写真も、ひどくぼけぇ〜な写真でした。 m(_ _)m...

嵐が来る前に

草がいい色になって偶然、交互に重なっていました。昼からお天気が崩れるという予報を聞き、雨が降る前に小一時間、里山を覗いてきました。しかし今回は、手ぶれとピンぼけの増産をしていました。気に入って撮った写真が一番ブレていたのが残念です。嵐の前の暗い写真ばかりですが、あと3日間程おつきあい下さい。11月25日撮影...

Appendix

プロフィール

nion

Author:nion
「水は宇宙の似姿」
草花の雫からびわ湖まで
「水」について感じた事を写します。
フィールドは主にびわ湖の湖西
最近は殆ど家の庭で撮っています。
たまにアート・デザインについても語ります。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR