Entries

汀のこしあぶら

池のほとりの龍神さんにお参りしてから、祠の裏から撮りました。濁った水に、こしあぶらの白さがひときわ映えました。写真をクリックして、大きな画像を見てください。美しく手入れされているお宮さんの森で、ここだけとりとめがないです。私は混沌としたこの場を眺めるのが好きです。秋のこの時期は、白と赤が加わって、表情が変わります。...

琵琶湖畔

壊滅的に蓮が育たなかった今年の琵琶湖です。いつもなら、背の高い葉が生い茂っている筈なのですが。GRの設定を変えてみました。どぶみたい(^^;;葦にマント植物がまとわりついて、暑苦しい。夏い暑って言ってしまいました。(暑い夏のこと)...

7月の和邇浜

久々に和邇浜へ行きました。水が少なくて、波打ち際には小魚がたくさん干物になっていました。水泳場の準備がされていましたよ。いつも写していた河口の樹々が切られてしまっていたのが少しショックでした。定点撮影していたのに…。少しぼんやり比良山系。近くのパン屋さんから見た湖岸の風景です。サンライズスカッシュとラズベリーティースカッシュ、だったけな。とんぼがたくさん飛び回っていました。水泳場が開かれると、浜へ...

和邇浜 3月の終わり

ぼんやり琵琶湖だったのを、加工しました。落ちていた鎖。ハイコントラスト白黒の設定で写してみました。この日は、40年来の友人がはるばる遊びに来てくれました。家に来てもらう前に、私のいつもの撮影ポイントへ案内しました。彼女は何を撮っているんだろ…。...

弥生のゆき 池編3

以前は、野茨の蔓が自由なアーチを描いていたのに、今はさっぱりきれいな汀です。高砂百合が1本のこっているだけでした。「ヒッ、ヒッ、ヒッ、ヒッ」ジョウビタキの鳴き声が響いています。録音したいくらいはっきりと雪を踏む音がしました。...

弥生のゆき 池編2

龍神さんの池です。この日はあっけらかんとして、何かがおわす気配はしませんでした。あまり水質はよくない池に、雪が映り込んでました。落雪がつくる波紋です。龍神さんの祠の裏をちょいと通らせていただいて撮りました。龍神さん、いつも撮らせてくれはっておおきにです。...

弥生のゆき 池編1

お日様が隠れているとき。お日様がでてきたとき。3月1日に日付が変わる前から、雪が降り出し、あっという間に積もりました。雪が少なかった今期、せっかくの雪景色ですので写真を撮る為に時間をやりくりして、村の池へ行ってきました。暖かくなってきた今頃、雪景色シリーズを始めます。数日間続けます。...

2月の和邇浜 2

強い風が頭の中まで吹き込んで来るようで、カメラを持つ手も揺れてしまいました。前回来た時はマガモがたくさんいましたが、同じ場所で風に向かって整列している鴨さん達、あなた達はだれ?くちばしの先が黄色が特徴のカルガモでした。カルガモというと、かわいいお引っ越しがニュースになりますが、こんなに厳しい姿も見せてくれました。(鳥ミングしてます。)...

2月の和邇浜 1

車を走らせていたら、北の空が白く雪が降っているように見えました。琵琶湖上には、何となく虹色が見えるようで、それを確認するべしと仕事を納品する前に、寄り道してしまいました。いつもの和邇川河口です。やはり虹がでているようでした。雪粒に光があたって虹色になったのでしょうか。...

のどか…

ほんまにのどかな琵琶湖でした。比良山系の冠雪は、少しだけです。例年より雪が少ないです。暖かい祝日の午後を、ジョギングしたりさんぽしている人が多かったです。手持ち撮影画像ですが、6枚をつぎはぎして、2000pixelにしてました。(クリックすると大きくなります。)左からプリンスホテル、比叡山、比良山系、真ん中あたりが琵琶湖大橋です。南湖を一望しています。高層ビルが殆どない大津市。この大津プリンスホテルが一番...

Appendix

プロフィール

nion

Author:nion
「水は宇宙の似姿」
草花の雫からびわ湖まで
「水」について感じた事を写します。
フィールドは主にびわ湖の湖西
最近は殆ど家の庭で撮っています。
たまにアート・デザインについても語ります。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR