Entries

テルボの建物

今日は、写真枚数が多いです。
terubo_17_3_4_1.jpg

西の湖の水郷の傍、近江八幡市にある商業施設です。
宮崎駿さんのアニメにでてきそうな形です。
ちょっと不思議なので、写真に撮って帰りました。


terubo_17_3_4_2.jpg

家に帰ってから調べたら、やっぱり藤森輝信さんの設計でした。

藤森輝信さんと言えば、私にとって野生児「テルボ」のイメージと
有名なタンポポハウスから後が無かったので、
最近の作品は知りませんでした。

自然派建築家ですものね。

いつもの私らしく、建物全体の写真が全くなくて…(^^;;




terubo_17_3_4_3.jpg

上写真の建物内の天井。



terubo_17_3_4_7.jpg






terubo_17_3_4_5.jpg

私の好きな元永定正さんの絵にも似てる(^^)




terubo_17_3_4_6.jpg

回廊の内側には、水田があります。
古代米のライスコロッケをここで食べましたので、
素材は自家製なんでしょうかね。


terubo_17_3_4_4.jpg

回廊の天井。


terubo_17_3_4_9.jpg

このゴミ入れ、欲しいな(^^)


terubo_17_3_4_8.jpg

この植木鉢も欲しいな(^^)



door_17_3_4.jpg

トイレのドアです。
ペーパーホルダー等、トイレ内の金属の仕上げは、全部こんな感じでした。



建築家藤森輝信さんの本「たんぽぽの綿毛」を若い頃に読みました。
藤森さんがテルボと呼ばれていた子どもの頃の体験話です。

とんぼはまずいとか、チョウチョは羽根をしごいてから食べるとおいしいとか
読んでいる自分の口の中が気持ち悪くなるようなお話しが特に有名な部分です。
そんな子どもの頃の体験が、自然派建築に繋がっているということでしょうね。




車窓から 西の湖

西の湖

西の湖は、琵琶湖の周囲に数ある内湖の中では、一番大きいです。
調べたら222haありました。
そのうちのおよそ半分に葦が育っているそうです。



西の湖


葦原の中で刈り取っておられる男性が数人おられました。
バス釣りをしている方々も。



西の湖


西の湖ではありませんが、
私の住む大津市内の湖岸で、今週の11日(土)夜7時にヨシたいまつ一斉点火があります。
ほんの短い間の燃焼ですが、なかなか味わいがありますよ。


車窓から 琵琶湖 西の湖

biwako_17_3_4_.jpg

とてもきれいな琵琶湖でしたが、運転手は車を止めずに目的地へまっしぐら。
近江八幡市の種苗店へと向かいました。




nishinoko_17_3_4_2_.jpg

どっさりと夏用の種を購入後、遠回りして西の湖の水郷地帯を巡りました。



nishinoko_17_3_4_1_.jpg

車一台しか通れない狭い農耕路を通ります。
走りながらの窓からの撮影です(^^;;

途中、バズーカを構える人達がいて、私の車はそれを邪魔する様に通過しました。
何かの鳥を狙っておられたんでしょうね。
私の車に舌打ちされたんじゃないかなぁ。

明日も、車窓から。


漂泊 漂白

misaki_17_3_2_2.jpg

晒されて白くなった流木。

荒波と風で身を削ぎ落した、
人もそういう風に見える時があります。





misaki_17_3_2_4.jpg

この流木は、人が見ていない時に、這っているようです。
苦しそうな表情…。







misaki_17_3_2_1.jpg

風が冷たい。




パワースポット

power_17_3_2_1.jpg


滋賀県大津市坂本にある、日吉大社に行って来ました。
今回は、曇り、ときどき写真日和のらこささん母娘さんをご案内しました。


清浄で荘厳な境内から感じるパワーを大木からも受け取って。
らこささんの娘さんの手は美しいですね。





power_17_3_2_2.jpg

カメラで見上げてみました。



power_17_3_2_3.jpg


岩をくるむ苔。
結構大きな岩なのですけどね…。

比叡山からの清らかな水がいたるところで流れているせいか、
苔がびっしりと生えていました。




power_17_3_2_4.jpg

祭祀の名残でしょうかね。
御幣と同じ紙でした。



朝から雨降りで、つまらないなと思っていましたが、
お二人と会う頃には、お天気が回復してきました。
らこささんは、晴れ女だそうです(^^)

境内に数あるお社に丁寧にお参りする娘さんは、ほんまにかわいらいしい人です。
竃の神様とか、夫婦仲の神様とか、ご利益があるようお参りされてました。
その間、お母さんのらこささんはカメラマンに徹しておられましたよ。
私には娘がいないので、ちょっとの間、らこささんから娘さんをお借りした気分でした。


テストピース

atelier_17_2_10_3.jpg

陶芸釉薬のテストピースです。
裏側に通し番号が書かれてあります。

並んでいると、なんかきれい…。




atelier_17_2_10_2.jpg

テストピースの棚。
夥しい量です。

耳かきのような匙で、釉薬の原料を量って調合しています。
顔料を全く使わずに、鮮やかな色から深い色、金属のような色まで作りだすので、
物質と火の関係って、すごい!と思います。






クローバーの滴

clover_16_3_19_2.jpg





clover_16_3_19_3.jpg





clover_16_3_19_6.jpg




庭の草花は、まだまだ冬色のようですが、
よく見ると、花をつけていたり、緑色が浅くなっていったり。

忙しさにかまけて庭の世話を怠ってきたせいで、匍匐植物がはびこっています。
そろそろ庭仕事を始める時期?
あちこち痛むからだをてなずけることができるかなぁ(;´д`)トホホ


日々のこと

2017_2_18.jpg

18日
やっとこさお小遣いがたまったので、昨年の9月以来の美容室に行きました。
ソファに偉そうに座って順番待ちです。

昔のキョンキョンみたいに短くという希望どおり、ショートカットになりましたヾ(≧▽≦)ノ
もちろん、若さはない…。




2017_2_19_ikadachi.jpg

19日
宅配便の集荷場に行った帰りにぐるっと遠回り。
伊香立の田んぼから比良山系を望みます。

同じ日の夕方に見たNHK「猫の手かえるのしっぽ」に、
同じ場所が出て来てびっくりしました。

左遠くに見える煙突の手前にうちの田んぼがあります。




marshmallow.jpg

21日
妹のおみやげのマシュマロ。
こういうものは嫌いと言って一切食べて来なかった母が、いくつも食べていました。
母が食べている姿を見て、妹と顔を見あわせて「子猿みたいやな」と言いました。
幸い母は耳が遠いので聞こえません…。




pongashi.jpg

22日
大原の里の駅で買ったポン菓子についていた手作り感たっぷりの帯です。
味のあるイラストです。
どなたが描かれたのか、他のイラストもいいですよ。


日々のこと、ふと目について撮った写真でした。
GRとiPadで撮りました。





風にふるえた花

tsubaki_17_2_14.jpg

藪椿
傷んだお花ばかりでした。


shimotsuke_17_2_14.jpg

シモツケの実(?)



ginryubai_17_2_14.jpg

ギョリュウバイ
ニュージーランドやオーストラリアに分布する花で、
マヌカハニーは、この花の蜜だそうですよ。

この花も傷んでますね。


mizunomori_17_2_14_20.jpg

地面に咲く小さな花。
名前はわかりません。
ご存知の方、教えて下さい。


水生植物園「みずの森」は、琵琶湖の烏丸半島にある小さな植物園です。
花の種類も少なくて、繁みがあまりないので、吹きっさらしです。

閑散とした園で、風にふるえるけなげな花を写してみました。
あぁ、寒かった(^^;;


ポピー

popy_17_2_14_1.jpg

寒風にさらされながら咲くポピー。



popy_17_2_14_4.jpg

咲く時期をずらして育てられた花なのでしょうね。



popy_17_2_14_2.jpg

温かそうな帽子
( ,,>з<)ブプッ



popy_17_2_14_3.jpg

まだしばらく寒いけど、がんばってね(^^)



Appendix

プロフィール

nion

Author:nion
「水は宇宙の似姿」
草花の雫からびわ湖まで
「水」について感じた事を写します。
フィールドは主にびわ湖の湖西
最近は殆ど家の庭で撮っています。
たまにアート・デザインについても語ります。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR