FC2ブログ

Entries

白い河原撫子

kawaranadeshiko_18_6_18_1.jpg

園芸品種の河原撫子です。




kawaranadeshiko_18_6_18_2.jpg

株数が減ったから、挿し木で増やしてみようかと思います。




今春から面白がっていること。
マイブームっていうことね。
何でも挿し木しちゃうこと。

この間、病気になってしまったレモンキュウリから、
先端の元気なつるを挿し木してみました。
見事、根が出たのですが、やっぱり病気にかかっていました。
残念ですが、諦めます。

あと、紫陽花も色々。
ビバーナムとか。
花屋さんで買った菊も、下の方の茎を挿し木にしました。

とうちゃんに頼まれてマリーゴールドは、30株挿し木して増やしました。
畑のコンパニオンプランツにするそうです。
ローズマリーもたくさん、依頼により挿し木中です。


今度、えっ?これも?っていうのに挑戦してみようかと思っています。

こういうことばかりしているので、カメラの出動が少なくて…(^^;;;




姫紫陽花

hydrangea_18_6_23_1.jpg

毎年、代わり映えのしない写真ですが。



hydrangea_18_6_23_2.jpg

我が家の紫陽花の最古参というか、
私より永い我が家の住人。



hydrangea_18_6_23_5.jpg

昨年は、青からピンクまで色々だったのに、



hydrangea_18_6_23_6.jpg

今年は、ピンクが無くてブルーから薄紫系。



hydrangea_18_6_23_7.jpg

雨が降ると、



hydrangea_18_6_23_4.jpg

一層、愛おしくて。



hydrangea_18_6_18_5.jpg

田舎の家のこととて、草取りや掃除に年がら年中追われているから、
ブーブーと年がら年中文句言ってます。

でも、紫陽花と対面できる季節になると、
一年の苦労が差し引きされるような気がします(^^;;



紫陽花マリンブルー

hydrangea_18_6_18_7.jpg

挿し木したての170円のポット苗で、2年前に我が家にやってきた紫陽花。
私の大好きなマリンブルーの紫陽花。
(青色なら何でも好きですけど)



hydrangea_18_6_23_3.jpg

日増しに青さが深くなっています。



marineblue_azisai_18_6_10_4.jpg

松の木の下に置いているせいか、
上から毛虫のフンが落ちてきて、それを払うのが日課。



hydrangea_18_6_18_6.jpg

手まり型の紫陽花だと思うのですが、
今年の花は小さくなって、装飾花と両性花に分かれて咲いています。
来期の花の為に、秋になったら植え替えしてやりましょうかね。



私はもちろん、とうちゃんにもばぁちゃんにも「きれいや〜」と言われて
ますますきれいになっていきます。


浮き草

mizukusa_18_6_10_3.jpg


プランタービオトープに繁茂する浮き草。
暖かくなると急速に水面を覆い尽くします。



mizukusa_18_6_10_2.jpg





mizukusa_18_6_10_1.jpg


まだ葉の大きさは小さいですが、
これが大きな葉だらけになると、プランターから溢れんばかりになります。
ものすごい増殖力です。




庭のパステルカラー 3

flowers_18_6_12_14.jpg

山紫陽花の七段花。



flowers_18_6_12_15.jpg

角度を変えただけで同じ花ばかりですが…。
コーンフラワー、矢車菊です。


flowers_18_6_12_16.jpg

海の動物みたいに。



flowers_18_6_12_17.jpg



今日、年を重ねることができました。

せっかく戴いた命ですから、もうひと頑張りして、
私を必要としてくれる人のお役に立ちたいと思います(^^)




庭のパステルカラー 2

flowers_18_6_12_18.jpg


山の田んぼに生えていた河原撫子を晩秋に一輪摘み、
ビンにひと冬入れていたら発根しました。
それを地植えしてから、三十年以上経ちました。



flowers_18_6_12_8.jpg


今では、こぼれ種であちこちに咲いています。



flowers_18_6_12_9.jpg

結婚してからの人生を共にしてきた花でもあります。

これからもいつまでも庭に咲いていて欲しいと思います。




庭のパステルカラー 1

flowers_18_6_12_3.jpg

今年二度目の庭の花盛りの時期になりました。
矢車菊と、河原撫子。


flowers_18_6_12_4.jpg

矢車菊と姫紫陽花。



flowers_18_6_12_5.jpg

矢車菊と野薊。



flowers_18_6_12_6.jpg





flowers_18_6_12_7.jpg

私の好きな色でまとめてみました。

続けます(^^)



クララの葉

kurara_18_6_10_1.jpg

眩草(くららぐさ)
根を咬むとくらくらするほど苦いという草です。
よく見かける草ですが、農地の形態が変わってきて、数が減ってきているそうです。


kurara_18_6_10_2.jpg

全草有毒で、特に根の部分に強い毒があるということです。
苦参という生薬ですが、素人が手を出すと危険、という草を庭に生やしています(^^;;


kurara_18_6_10_3.jpg

農作物の害虫駆除にも利用されるということで、
虫に悩まされている身としては、ちょっと試してみたい気もしますが…。


kurara_18_6_10_4.jpg

庭には、キンポウゲ、彼岸花、水仙、樒、洋種山牛蒡と有毒植物が生えています。
食べる為に植えている植物と隣り合わせだったりします。

普段は全く気にしていませんが、あらためて結構怖いなぁと思いました(^^;;




挿し木で育てた紫陽花

gakuazisai_18_6_10_3.jpg

私が育てている紫陽花は、挿し木で増やしているものが多いです。

このピンクのフリルがかわいい紫陽花は、
実家の近所のおばあちゃんからもらったひと枝を、挿し木にしたものです。


gakuazisai_18_6_10_2.jpg

挿し木にすると、翌年は大きい花を咲かせます。



gakuazisai_18_6_10_1.jpg





azisai_18_6_10_2.jpg

これは、大原の里の駅で購入した紫陽花の花束を挿し木にしたものです。
色々な種類があったのですが、この色だけがうまく根付いてくれました。


gakuazisai_18_6_10_4.jpg

これは随分前にもらった鉢植えから挿し木したものです。
今年は花が小さくなりました。
植え替えの必要があります。


yamaazisai_18_6_11.jpg

この花は、どうやら七段花という紫陽花のようです。
大原里の駅で、切り花で購入したものを、試しに挿し木にしたら根付きました。

ただの山紫陽花だと思っていましたが、
江戸時代にシーボルトが持ち帰ってからこの花を見た者がなく、
1959年に偶然、六甲山で発見されたといういわくつきの花でした。

とても小さな紫陽花で、
両性花が退化して落ちてしまうのが特徴です。




挿し木、とても楽しいですよ(^^)v
そのうち水の森紫陽花園ができるかも。


ドクダミの花

dokudami_18_6_10_3.jpg

そんなところを引っ張るな!



dokudami_18_6_10_1.jpg

ヤブガラシに巻き付かれていました。

我が家の三大繁殖植物のうちの二つ、ドクダミとヤブガラシ。



dokudami_18_6_10_2.jpg

ガスボンベの前にも咲いているし。



dokudami_18_6_10_4.jpg

余りに繁殖するので、
今年は畑に出ているドクダミを採ってきて、お茶にしました。
癖がちょっとあり、麦茶とプーアル茶とでブレンドしたら、美味しくなりましたよ。



追記に不気味な蜘蛛の写真をのせました。


続きを読む

Appendix

プロフィール

nion

Author:nion
「水は宇宙の似姿」
草花の雫からびわ湖まで
「水」について感じた事を写します。
フィールドは主にびわ湖の湖西
最近は殆ど家の庭で撮っています。
たまにアート・デザインについても語ります。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR