Entries

シモツケの花

shimotsuke_18_5_24_2.jpg

しもつけの花が盛りです。



shimotsuke_18_5_24_3.jpg

私は小花がたくさんついているのが好きです。



shimotsuke_18_5_24_4.jpg

特に、つぼみが大好きです。



shimotsuke_18_5_24_5.jpg

それに雫がついていたら、かわいい!とにやけてしまうのです。



shimotsuke_18_5_24_6.jpg

シモツケは、開花すると雄しべがたくさんでて、
それもかわいいと思います。


このシモツケは、葉も美しいシモツケゴールドフレームといいます。



イベリス

iberis_18_5_25_1.jpg

とてもかわいいイベリスを、昨秋から種から育ててみました。

iberis_18_5_25_2.jpg

発芽した数は少なかったです。

iberis_18_5_25_3.jpg

冬越しの途中で消えていくものも多数有り。

iberis_18_5_25_4.jpg

春先に、ヒョロリンとした株をプランターに植え替えて、

iberis_18_5_25_5.jpg

その途中でも消えていく株が…。

iberis_18_5_25_6.jpg

そうしてやっと咲いたイベリスです。

iberis_18_5_25_7.jpg

可愛さもひとしおで、毎日
「かわいいね〜」と話しかけています。




矢車菊

cornflower_18_5_24_1.jpg

今年も又、たくさん矢車菊が咲きました。

cornflower_18_5_24_2.jpg

早めにつっかえ棒で補強したので、
倒れたり腐ったりすることもなく咲いています。

cornflower_18_5_24_3.jpg

元々、ミックスの種を蒔いたのですが、ブルーが一番多いです。
ブルー以外の種を採取するため、つっかえ棒に印をしておきました。
忘れなければいいのですが。

cornflower_18_5_24_4.jpg

こぼれ種のディルと寄り添って。

私の小さな畑は年々、こぼれ種のハーブや草花が増えてきて、
野菜を植えるスペースが狭まってきました。
でも今の時期、様々な花が一度に咲いていて、
なかなかええやんか〜と見とれている私です。

反面、虫との戦いです。
老眼の目をこらして、葉っぱの裏側まで見るのが日課になりました。



雨の琵琶湖

biwako_18_5_13_1.jpg

土砂降りの日曜日。

良いお天気ならば、畑作業に勤しむとうちゃんですが、
さすがにこの雨では無理と言うことで、ドライブに行ってきました。


biwako_18_5_13_3.jpg

いつもの湖西を北上するコースで、新旭まで行きました。



biwako_18_5_13_4.jpg

カバンに入れっぱなしの筈のGRが何故か行方不明で、
仕方がないのでスマホ写真を、アプリで加工しました。



biwako_18_5_13_2.jpg

タップンタップンと水が動いています。



biwako_18_5_13_5.jpg

私が長靴を履いて、浜をウロウロ探検している間、
とうちゃんは車の中で私を気長に待ってくれていました。





biwako_18_5_13_6.jpg

白鬚神社の鳥居です。
いつもならこの鳥居を写すのに、
神社本殿から往来の激しい国道161を渡って湖に行っていたのですが、
完全な横断禁止になっていました。

思う様に撮れなくなって残念です。



昼ご飯用に、安曇川の道の駅「藤樹の里」で、鯖寿司等を買いました。
でも、大失敗。
鯖が生臭かったそうです。(私は魚が苦手)

おやつに買った柏餅は、こしあん明記だったのに、粒あんでした。
それに口の中にへばりつくお餅でした。

私の様に地元の人間ならともかく、
遠方からお出でになった方にとっては、この味は残念だろうなと思いました。



鯉のぼり祭り

2018_5_5_5.jpg

五月五日こどもの日。


2018_5_5_3.jpg

青空と東からのいい風が吹いているので、
急遽鯉のぼり祭りを撮影してきました。









2018_5_5_4.jpg





2018_5_5_1.jpg

混んでいます(^^)
脇を通る国道477も、湖西バイパスから降りて来た車で渋滞です。
その横をおばさんは、自転車で颯爽(上り坂よたよた)と帰りました。



2018_4_29_1.jpg

これは4月29日の写真。
小学校のクラス別の鯉のぼり。
色使いが、他の鯉のぼりと違いました。

この日は、北北西の風で、鯉のぼりの向きが思う様にならなくて、
青空は濃いのに全体写真が撮れませんでした。

撮って来た写真は、来年の鯉のぼり祭のポスターに使います。
さて来年もポスター作りを依頼されるかどうかわからへんけど…。



100匹の鯉のぼり達は、5月11日まで、大津市真野川で泳いでいます。
おさんぽに来て下さい(^^)


雨降りの庭で

hyacinthoideshispanica_18_424_1.jpg

ベルフラワーのおしべの滴(^^)
お手手にのせているみたい。


kinpouge_18_4_24.jpg

キンポウゲの滴。
重たくて傾いできました。
もう少しで倒れるよ。



onithogalum_18_4_24_8.jpg

今年デビューのオーニソガラムヌータンス。



onithogalum_18_4_24_7.jpg

この花を、まだお客さん扱いしてます。



onithogalum_18_4_24_6.jpg

来年には、わたしの庭に馴染むことでしょう。



drop_18_4_24.jpg

アケビの葉の滴。
小さいな実がたくさんついています。
この中で大きく育つのがあったらいいのにな。


kodemari_drop_18_4_12_2.jpg

小手毬がこぼれ種で育ってきました。
大きくなると困る場所なので、一旦植木鉢に植え替えて。



kodemari_drop_18_4_12_1.jpg

勝手に生えてきて大きくなるということは、それだけ強い性格なんでしょうね。
羨ましいです。
私もそんな性格だったら、今頃は…なんて考えるのは(^^;;;



庭のすみれ

sumire_18_4_12_3.jpg

パンジーがおしゃべりしているような通り道とちがい
座敷の前の庭には、苔の中で小さなすみれが咲いています。



sumire_18_4_12_1.jpg

庭木の剪定を怠っているため、落ち葉がとても多い。
でも、すみれがあちこちに咲いているものだから、掃除もままならない…という言い訳。

小さ過ぎて撮りにくいので、カメラをあてずっぽうに撮ってみました。
数枚撮って、ピントが合っているものを。

最近、接写ではボケたりブレたりばかりで
息を詰めて撮るのも苦しくて、
これは年のせいだといやになってしまいます。

そやけど、あてずっぽうでも撮れると気持ちがいい。




sumire_18_4_12_2.jpg

これも極小のすみれ。
如意すみれ。

この花は、上の青紫のすみれの範囲には絶対に入ってこなくて、
もっと雑然とした場所に目立たず咲いています。

住み分けができているのが面白いと思います。



小手毬

kodemari_18_4_24_4.jpg

白と緑の配色を、最近気に入っています。
おしゃれだなぁと思うのです。



kodemari_18_4_24_5.jpg

それに、疲れているときには、元気な色だと少ししんどい。



kodemari_18_4_24_2.jpg

まずは、白と緑で気持ちを落ち着かせてから
黄色やピンクや青の花を眺めると、
かわいい!と元気が出てくるのです。



わたしの庭で

wasurenagusa_18_4_29_1.jpg

季節は初夏に移っていますが、今が盛りの春の花。





wasurenagusa_18_4_29_2.jpg

こぼれ種で増える花、
地下茎で増える花は
なるべく自然にまかせて生えたままにしています。

繁殖の勢力図は年々変わって、あまりに増えると憎たらしくなったり…。
だけど忘れな草だけは増えても気にならないです。





土日のとうちゃんは、野良仕事の終わった夕方になると、
庭の椅子に座って、ウィスキーやビールをぐびぐびやっています。
「今日も一日頑張った!」ということらしいです(^^)


春菊の花

syunngiku_18_4_29_3.jpg

とうちゃんの畑に行ったら、採り忘れの春菊の花が咲いていました。



syunngiku_18_4_29_2.jpg

黄色のぼかしがとてもきれいだと思ったので、摘んできました。



syunngiku_18_4_29_1.jpg

色々な花器に入れては、どれがいいかなと楽しんでいたのですが、
手が春菊くさくなってしまいました(^^;;;;;



4月になってからも春菊の種を蒔きました。
サラダで楽しめそうです。




Appendix

プロフィール

nion

Author:nion
「水は宇宙の似姿」
草花の雫からびわ湖まで
「水」について感じた事を写します。
フィールドは主にびわ湖の湖西
最近は殆ど家の庭で撮っています。
たまにアート・デザインについても語ります。

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR